自由に使える街中コンセント 〜 千葉県柏市で「espot」社会実験がスタート | RBB TODAY

自由に使える街中コンセント 〜 千葉県柏市で「espot」社会実験がスタート

 柏の葉アーバンデザインセンターは17日、千葉県柏市・柏の葉地域で街中に複数の公衆電源ステーション「espot」を設置して自宅外でも手軽に電気利用を可能とする公衆電源サービスの社会実験を発表した。

エンタープライズ その他
グリーン電力を利用した公衆電源の仕組み
  • グリーン電力を利用した公衆電源の仕組み
  • UDCK のオープンデッキに設置した公衆電源ステーション「espot」
 柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)は17日、東京電力と協働し、千葉県柏市・柏の葉地域で街中に複数の公衆電源ステーション「espot(エスポット)」を設置して自宅外でも手軽に電気利用を可能とする公衆電源サービスの社会実験を発表した。

 「espot」とは公衆電源サービスが受けられる場所の愛称。実験期間中は、モニター登録をすることで誰でも気軽にコンセントを使うことができる。実験期間は3月20日から8月29日までで、500名の一般利用者を体験モニターとして実施する。モニターには、「espot」利用の際に必要な認証カードとして専用の非接触ICカードを発行する。なお、今回の社会実験で使用する電力はすべて、自然エネルギーによってまかなわれるグリーン電力となる。

 実験期間中、UDCKではモニターに対してIHホットプレートや電気ケトルなどの電化製品の無料貸出を行い、「espot」の利用促進を図る。また、UDCKでは毎月1回、地元の農家や惣菜屋などが出店する地産地消の市場「マルシェコロール」を開催しており、社会実験開始日となる3月20日には当イベントと連動したモニター登録キャンペーンとして、地元の精肉屋との協力による「espot」体験・手作りホットドック企画などを実施する。

 柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)は、東京大学、千葉大学、柏市、三井不動産、柏商工会議所、田中地域ふるさと協議会、首都圏新都市鉄道の7団体が共同運営する公・民・学が連携した街づくり組織。2006年11月に設立で、つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス駅」周辺を中心とする柏の葉地域を対象に、“環境・健康・交流・創造”をキーワードとする国際学術都市・次世代環境都市を目指した「柏の葉国際キャンパスタウン構想」の実現に向けて、都市計画の調査・策定・推進、社会実験、市民活動のサポート、情報発信等を行っている。これまでにも電気自動車・セグウェイなど環境に優しい次世代交通システムの社会実験や、LED光源で無農薬野菜を栽培する植物工場の社会実験など、さまざまな実験展開を市民参加型で実施している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top