ノベルとアイティークルー、仮想化統合の金融機関向けコンサルティングで協業 | RBB TODAY

ノベルとアイティークルー、仮想化統合の金融機関向けコンサルティングで協業

エンタープライズ その他

 ノベルとアイティークルーは24日、金融機関を始めとするミッションクリティカルなシステムを持つ企業を対象に、仮想化環境の導入サービスを始めとする仮想化統合のコンサルティングサービスを共同提供していくことを発表した。

 今回の協業では、アイティークルーがノベルの仮想化統合プランニング支援ツールである「PlateSpin Recon
」(プレートスピン・リーコン)を活用して既存システムの分析と仮想化統合プランニングを行い、その結果をもとに、ノベルの仮想化移行支援ツールである「PlateSpin Migrate」(プレートスピン・マイグレート)を始めとする、仮想化環境の導入・構築ならびにマイグレーションサービスを提供する。両社は、今回の協業にあたり、初年度売上目標8,000万円/成立件数40件を目標としている。

 PlateSpin ReconとPlateSpin Migrateは、ノベルのデータセンター運用/仮想化管理製品群である「PlateSpin Workload Management」(プレートスピン・ワークロード・マネジメント)製品群に含まれる製品。PlateSpin Reconはワークロードのプロファイリング、分析、プランニングを、PlateSpin Migrateはワークロードのポータビリティとマイグレーションを可能にする。PlateSpin Workload Management製品群は、主要ハイパーバイザーのVMware ESXおよびESXi、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServer、Virtual Iron、Xenを統合したSUSE Linux Enterprise Server、さらにSolaris OS、32ビットおよび64ビットのWindows、Linuxサーバを広範にサポートする。

 アイティークルーは、これまで主に金融機関を対象に、メインフレームやオープン系サーバの基盤構築およびミドルウェア導入・実装から運用・保守までを行ってきた。今回のノベルとの協業により、金融業界における顧客企業のシステム最適化に向けて、仮想化環境のアセスメントから導入ならびに構築、管理まで、適切なシステム設計のための一貫したサービスを提供するのが狙い。なおPlateSpin Reconによる既存システムの分析に基づいたIAサーバへの統合に加え、日本アイ・ビー・エムのシステム統合の最適化手法(通称:Zodiac)を活用し、UNIXサーバやIBM System zを中心とするLinuxサーバへのアップスケール・マイグレーションを提案することも可能とのこと。

 なお今回の発表にあたり、アイティークルーでは仮想化技術の採用を検討中の企業を対象に、PlateSpin Reconによる無償アセスメントサービスを実施するキャンペーンを行う。期間は6月30日まで。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top