ペンタックス、デジタル一眼レフ「K-7」にシルバー仕上げの限定モデル | RBB TODAY

ペンタックス、デジタル一眼レフ「K-7」にシルバー仕上げの限定モデル

IT・デジタル デジカメ

PENTAX K-7 Limited Silver
  • PENTAX K-7 Limited Silver
  • レンズ装着イメージ(レンズは別売)
  • 黄金分割スクリーンの利用イメージ(実際のパターン・ラインは黒/撮影:吉村和敏)
 HOYAは22日、PENTAX(ペンタックス)ブランドのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-7」の限定モデルとして、シルバーカラー仕上げでフォーカシングスクリーンなどを特別仕様とした「PENTAX K-7 Limited Silver」を発表。3月13日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は130,000円程度。

 同製品は、2009年6月に発売された「PENTAX K-7」の特別仕様モデルとなるデジタル一眼レフカメラ。1,000セットの限定販売となっている。ボディカラーをシルバーに仕上げており、同社製交換レンズ「FA Limited」シリーズのシルバーモデルを装着した際に同じ色味となるように考慮。また、正面下部の「SR」バッジには、黒地にゴールドの特別色を採用している。

 フォーカシングスクリーンに「黄金分割スクリーン」を装着。黄金比の構図を作りやすくするためのガイド線やポイントがスクリーン上に彫刻されており、それに従うことでバランスのとれた構図を素早く決定することができるという。また、背面の液晶ディスプレイの保護カバーに、衝撃に強くキズがつきにくい強化ガラスを採用した。

 そのほかの特徴として、カメラ本体のファームウェアはレンズ補正機能の対象レンズにFA Limitedレンズを追加した最新バージョン(Ver.1.03)にした。また、最新の画像編集ソフト「PENTAX Digital Camera Utility 4(バージョン4.10)」を同梱している。

 K-7は有効画素数1,460万画素CMOSセンサーを搭載しており、100%視野率のファインダーやボディ内手ブレ補正機能などを備えた新画像処理エンジン「PRIME II」を装備する。そのほかにライブビュー機能や、1,280×720/1,536×1,024/640×416ピクセル対応の動画撮影機能、超音波振動で撮像素子をクリーニングする「ダストリムーバルII」機構、3枚の画像を合成する「HDR」、画面の水平を確認できる「電子水準器」などを搭載。ボディにはマグネシウム合金を採用しており、防塵・防滴構造となるほか−10度の防寒性能を備えている。

 おもな仕様として、対応ファイル形式は静止画がRAW/JPEG、動画がAVI。ISO感度はAUTO/ISO100〜3200。SD/SDHCメモリーカードに対応。ディスプレイは3型カラー液晶。バッテリは専用リチウムイオン充電池。インターフェースはUSB2.0/HDMI/AV出力/外部電源/外部レリーズ/Xシンクロなど。本体サイズは幅130.5×高さ96.5×奥行き72.5mm、重さは約753g(電池/メモリーカード含む)。付属品はUSBケーブル/AVケーブル/ストラップ/MEファインダーキャップ/充電式リチウムイオンバッテリ/充電器/ACコード/アイカップFR/ホットシューカバーFK/シンクロソケット2Pキャップ/三角環・キズ防止カバーなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top