日本HP、Core i5/Core i3/Xeon 3400番台搭載のWSエントリモデル「HP Z200 Workstation」発表 | RBB TODAY

日本HP、Core i5/Core i3/Xeon 3400番台搭載のWSエントリモデル「HP Z200 Workstation」発表

エンタープライズ モバイルBIZ

HP Z200 Workstation外観
  • HP Z200 Workstation外観
  • HP Z200 Workstation仕様
 日本ヒューレット・パッカードは19日、インテル最新プロセッサーを搭載するエントリークラスのワークステーション「HP Z200 Workstation(Z200)」を発表した。

 「Z200」は、従来チップセットに内蔵していたメモリコントローラーをプロセッサーに内蔵することによってメモリアクセスの転送速度を改善し、より優れたパフォーマンスを実現するインテル最新世代のプロセッサー(Core i5/Core i3/Xeon 3400番台)を搭載。ミッドレンジのMCADやデジタルコンテンツ制作、ソフトウェア開発、OEM用途など幅広い用途に対応した。また、パワーユーザー向けの高品質なハイエンドPCとしても活用できる。

 Core i5/Core i3(デュアルコア)はグラフィックスコントローラーも内蔵するため、グラフィックスカードを選択しない構成にも対応。対応メモリはDDR3-1333 ECCメモリで、64bit OSを選択した場合、最大16GBまで利用可能。またCAD、CGアニメーション、映像編集、解析シミュレーションなどの主要ISV(独立系ソフトウェアベンダー)から動作確認検証を受けている。

 電源ユニットについては「80 PLUS SILVER」(電源効率89%)の認証を受けた高効率な大容量電源ユニットを搭載し、従来2W程度だった待機電力を1W以下に低減させる「HP WattSaverテクノロジー」を採用した。これらの技術により、HP Z Workstationシリーズは、デスクトップ型ワークステーションとしては業界初となるEPEAT GOLD(米国電子製品環境アセスメントツール)を取得したとのこと。

 HP Z200 Workstationの価格は120,225円〜(税込)。同日より、オンラインストア「HP Directplus」、HP Directplusコールセンター、販売代理店、HP Directpartnerにて販売を開始する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top