アイ・オー、エコ仕様の20V型ワイド液晶に光沢パネル搭載モデル | RBB TODAY

アイ・オー、エコ仕様の20V型ワイド液晶に光沢パネル搭載モデル

IT・デジタル その他

斜め
  • 斜め
  • 正面
  • 側面
  • 背面
 アイ・オー・データ機器は、従来品の19V型ワイド液晶と比べ消費電力を約13%削減した省エネ設計の20V型ワイド液晶ディスプレイで、光沢パネルを採用した「LCD-AD201XG」シリーズを発表。2月下旬から発売する。価格はオープンで、同社直販サイト価格は19,800円。

 同製品は、1月に発売された「LCD-AD201X」シリーズと同様の特徴と仕様を持つ20V型ワイド液晶ディスプレイ。AD201Xは非光沢パネルを使用しているが、AD201XGでは光沢パネルを採用した。

 省エネ性能を高めており、自動で節電状態にする統合節電ユーティリティ「エコ番人」や、電源LEDを自動でOFFにする「自動電源オフ」機能を装備するほか、消費電力削減量を設定できる「ECOステップ」を搭載。また、2009年4月に発売された従来品の19V型ワイド液晶「LCD-AD193X」シリーズとの比較で、バックライトランプを4本から2本に削減。これにより、19V型ワイドよりもサイズの大きい20V型ワイドながら、消費電力を24.2Wから21W(ともに通常使用時)へ約13%削減した。

 解像度は1,600×900ピクセルで、アスペクト比は16:9。視野角は上下/左右160度、輝度は250cd/m2、応答速度は5ms。DCR(Dynamic Contrast Ratio)を搭載しており、コントラスト比は通常1,000:1、DCR時は10,000:1。アスペクト比固定拡大機能を搭載し、アスペクト比を維持したまま拡大表示する「固定」モードと、画面全体に拡大表示する「フル」モードを選択することで最適な画面表示を可能としている。

 スピーカーは1W×2。インターフェースはDVI-D/ミニD-sub15ピン/3.5mmステレオミニ。本体サイズは、幅473×高さ376×奥行き170mm、重さは4.3kg(ともにスタンドあり)。付属品は、アナログ接続ケーブル(1.8m)/デジタル接続ケーブル(1.8m)/オーディオケーブル(1.8m)/ACケーブル(1.8m)など。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top