富士フイルム、LEDバックライト採用の10.2型デジフォト | RBB TODAY

富士フイルム、LEDバックライト採用の10.2型デジフォト

IT・デジタル デジカメ

DP-1020SHの本体正面・背面とリモコン
  • DP-1020SHの本体正面・背面とリモコン
  • DP-850SHのカラバリ・本体正面・背面とリモコン
  • DP-700SHのカラバリ・本体正面・背面とリモコン
 富士フイルムは、液晶ディスプレイにLEDバックライトを採用し、省エネ性能を高めたデジタルフォトフレームとして、10.2型「DP-1020SH」/8.5型「DP-850SH」/7型「DP-700SH」の3製品を発表。価格はオープンで、予想実売価格と発売日は、DP-1020SHが40,000円前後で3月13日の発売、DP-850SHが28,000円前後で3月13日の発売、DP-700SHが18,000円前後で2月20日の発売。

 3製品は、LEDバックライトを採用した液晶デジタルフォトフレーム。冷陰極管方式バックライトの液晶パネルとの比較で、消費電力を約50%削減した省エネ設計となっている。また、上下/左右176度の広視野角を確保し、見やすさを高めている。

 DP-1020SHは、シャープ製の新開発技術「新モード液晶」を搭載したディスプレイを採用。国内で液晶パネルを使用したデジタルフォトフレームとして初めて(同社調べ)、2,000:1の高コントラストを可能とした。これは同社従来品比2倍のコントラスト比になるという。

 また、DP-1020SH/DP-850SHは、液晶画面にアンチグレア処理を施し、画面への光の映り込みによる見えにくさを低減。音声付き動画再生、BGM付きスライドショー再生にも対応している。

 さらに3製品共通の機能として、設定した日時になると、あらかじめ指定した画像をスライドショー再生する「記念日お知らせ機能」を搭載。フォルダごとのインデックス表示やスライドショー再生を可能にする「フォルダ絞込み」機能、電源を入れた後にお気に入りの画像を常に表示する「お気に入り画面登録」機能を備えている。また、高速赤外線通信「IrSimple/IrSS」が可能となっており、同通信に対応とするデジタルカメラや携帯電話からワイヤレスで画像を取り込むことができる。

 そのほかに、本体が縦置きか横置きかを判断してそれに合わせ、自動で画像を回転表示させる「自動縦横判別機能」を装備。カレンダー表示と時計表示はそれぞれ4種類を用意。 DP-1020SH/DP-850SHは2GB、DP-700SHは1GBのフラッシュメモリを内蔵するほか、xD/SD/SDHC/MS/CFなど計15種類のメモリカードに対応。USB接続によってPCから画像を取り込むこともでき、対応OSはWindows 7(32/64ビット版)/Vista(SP1以上/32ビット版)/XP(SP2以上/32ビット版)/2000(SP4以上/32ビット版)。

 解像度は、DP-1020SHが1,024×600ピクセル、DP-850SH/DP-700SHが800×480ピクセル。アスペクト比は15:9、輝度は約350cd/m2、DP-850SH/DP-700SHのコントラスト比は1,000:1。対応ファイルは静止画がJPEG、 DP-1020SH/DP-850SHはさらに動画がAVI Motion JPEG/MPEG-4、音声がWAV/MP3。

 本体カラーは、DP-1020SHがブラック、DP-850SH/DP-700SHがブラック/ホワイト。本体サイズと重さは、DP-1020SHが幅約300×高さ206×奥行き24.5mmで約835g(スタンド含む)、DP-850SHが幅約262×高さ187×奥行き24.5mmで約740g(スタンド含む)、DP-700SHが幅約214×高さ144×奥行き24.5mmで約430g(スタンド含む)。付属品は専用リモコン/ACアダプタ/スタンドなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top