日本オラクル、販売パートナー各社とともに「データベース活用促進キャンペーン」を展開開始 | RBB TODAY

日本オラクル、販売パートナー各社とともに「データベース活用促進キャンペーン」を展開開始

 日本オラクルは28日、データベース管理基盤「Oracle Database 11g Enterprise Edition」を中核にした「データベース活用促進キャンペーン」を発表した。販売パートナー各社とともに2月1日から展開する。

エンタープライズ その他
 日本オラクルは28日、データベース管理基盤「Oracle Database 11g Enterprise Edition」を中核にした「データベース活用促進キャンペーン」を発表した。販売パートナー各社とともに2月1日から展開する。

 本キャンペーンでは、「Oracle Database 11g Enterprise Edition」とオプション製品をパッケージにしたあらたな価格提案「オラクル クルクルキャンペーン」を行う。提供期間は2010年2月1日〜5月31日で、「クルクルEE-4」「クルクルEE-3」「クルクルRAC-8」「クルクルRAC-6」の4パターンを用意した。

 「クルクルEE-4」は「Oracle Database 11g」+「Oracle Partitioning」+「Oracle Tuning Pack」+「Oracle Diagnostics Pack」の4プロセッサ環境を5年間のライセンス利用権にて、980万円(税抜)で提供する。「クルクルEE-3」は「Oracle Database 11g」+「Oracle Partitioning」+「Oracle Tuning Pack」+「Oracle Diagnostics Pack」の3プロセッサ環境を5年間のライセンス利用権にて、735万円(税抜)で提供する。「クルクルRAC-8」は「Oracle Database 11g」+「Oracle Real Application Clusters」+「Oracle Partitioning」+「Oracle Tuning Pack」+「Oracle Diagnostics Pack」の8プロセッサ環境を5年間のライセンス利用権にて、2,590万円(税抜)で提供する。「クルクルRAC-6」は「Oracle Database 11g」+「Oracle Real Application Clusters」+「Oracle Partitioning」+「Oracle Tuning Pack」+「Oracle Diagnostics Pack」の6プロセッサ環境を5年間のライセンス利用権にて、1,942万5千円(税抜)で提供する。

 「オラクル クルクルキャンペーン」に賛同の主な販売パートナーは、アシスト、伊藤忠テクノソリューションズ、NTTデータ先端技術、大塚商会、新日鉄ソリューションズ、ソフトバンクBB、ダイワボウ情報システム、デル、東芝ソリューション、日本電気、日本ヒューレット・パッカード、日本ユニシス、日立システムアンドサービス、日立製作所、富士通など。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top