富士通、エントリーディスクアレイ「ETERNUS DX90」を新規提供 〜 既存モデルは2.5インチSASに対応 | RBB TODAY

富士通、エントリーディスクアレイ「ETERNUS DX90」を新規提供 〜 既存モデルは2.5インチSASに対応

エンタープライズ モバイルBIZ

「ETERNUS DX90」(最大構成時)
  • 「ETERNUS DX90」(最大構成時)
  • 富士通のディスクアレイラインアップ
  • 製品仕様
 富士通は27日、エントリーシステム向けディスクアレイ「ETERNUS DX90」の販売を全世界で開始した。既存製品「ETERNUS DX60」「ETERNUS DX80」においては、2.5インチSASディスクドライブおよび、大容量600GBの3.5インチSASディスクドライブのサポートを開始する。

 「ETERNUS DX90」では、遠隔地にある複数台の「ETERNUS DX90」間で高速にデータのコピーをすることで、災害時のデータ保全と事業継続を可能にするリモート・アドバンスト・コピー機能をエントリーモデルとしては初めて装備した。本機能は、ソフトウェア「ETERNUS SF AdvancedCopy Manager」により、簡単に管理可能。また8Gbpsの転送能力を持つファイバーチャンネル(FC)インターフェイスを8本搭載しサーバとの接続性を強化した。ディスクラインナップとしては、300GB、450GB、600GBの15,000回転/分、および500GB、750GB、1TBの7,200回転/分の3.5インチSASディスクドライブをサポートし、最大120本まで拡張が可能。また、2010年度第1四半期には、2.5インチサイズのSASディスクドライブとSSDの提供が予定されている。

 既存のエントリーディスクアレイ「ETERNUS DX60」「ETERNUS DX80」については、2.5インチSASディスクドライブを「ETERNUS」シリーズで初めて提供することとなった。146GB、300GBの10,000回転/分の2.5インチSASディスクドライブを2U高に最大24本搭載できる。「ETERNUS DX80」では、SASディスクドライブと比較して9倍の処理速度を実現する2.5インチディスクサイズの100GB、200GB SSDをあわせて提供する。また600GBの15,000回転/分の3.5インチSASディスクドライブをサポートし、さらなる大容量化を実現した。「ETERNUS DX80」は、2.5インチと3.5インチのSASディスクドライブの混在搭載が可能。

 価格はETERNUS DX90が税別480万3,000円〜、ETERNUS DX80が238万3,000円〜、ETERNUS DX60が72万4,000円〜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top