【セミナー】中国テレビショッピング最前線 | RBB TODAY

【セミナー】中国テレビショッピング最前線

 SSK(新社会システム総合研究所)は12月17日に、「中国テレビショッピング最前線」と題したセミナーを開催する。

エンタープライズ その他
 SSK(新社会システム総合研究所)は12月17日に、「中国テレビショッピング最前線」と題したセミナーを開催する。

開催日時:2009年12月17日(木)午後2時〜午後5時
会場:明治記念館
東京都港区元赤坂2-2-23

●重点講義内容

<1>【ご挨拶】中国内需拡大に寄与するTVショッピング
中国大使館より参事官あるいは代表を予定

【14:00〜14:10】
 今後5年間で1000億人民元〜5000億人民元(1兆5000億円〜7兆5000億円)の成長が予測されるTVショッピング業界。中国政府も業界の信用確立のための法規制に乗り出し、業界発展を後押ししている。

<2>中国の経済成長と消費拡大の可能性
(社)日本経済団体連合会 国際協力本部 主幹
青山 周 (あおやま めぐり)氏

【14:10〜15:00】
 3000億ドルの貿易黒字、2兆ドルを超える外貨準備高を抱える中国は、世界有数のカネ余り国家となった。一連の消費刺激策で消費も活発化し、「世界の工場」から「世界の市場」へと転換。売るなら今がチャンスだ。

1.情報化・市場化の進展と社会の変化
2.再び活性化する中国経済
3.中国経済の構造転換
4.変化する中国の対外経済関係
5.求められる戦略
6.質疑応答

<3>中国テレビショッピング・ビジネスの今
〜日本企業の参入プロセスとは?業界勢力図と市場の魅力〜
光輝国際(株) プランニング ディレクター
酒井 茂孝 (さかい しげたか)氏

【15:10〜16:00】
 本年10月1〜8日、国慶節の大型連休期間中だけで、小売り売上高が約5700億元(約7兆4000億円)。今世界中のビジネスが集中する中国で、日本企業だから売れる時代は遠い昔、自らが積極的に打ち出さなければ中国では生き残れない。

 現地映像を織り交ぜながら、中国TVショッピング業界の魅力と参入プロセスを検証。

1.中国テレビショッピングの今
2.上海万博に向け、熾烈な競争と業界勢力図
3.中国業界からも「高品質と高付加価値の日本商品」との連携要請
4.日本経済に活力を与える「中国テレビショッピング」市場の魅力
5.危機を乗り越え、中国新市場へ攻める入る日本企業のメリット
6.日本企業の参入プロセス(手順)
7.質疑応答

<4>中国テレビショッピング・ビジネス最前線と日本企業のチャンス
光輝国際(株) プロジェクトリーダー
董 廷玉 (どん てぃんゆう)氏

【16:10〜17:00】
 ビジネスマンとして、最近中国の街を歩き見て何を発見しましたか?広い中国市場で本当の、意味ある「生情報」をご存知ですか?そして、どのように中国でビジネスレベルアップしていますか?このセミナーを通じて「斬新な中国知」を身につけ、御社の不安解消とやる気を出します!

1.中国テレビショッピングのリスク
2.世界市場の存在感を増す中国、過激化市場特性読む努力を
3.いかに成功体験捨て、恐れずChina新興市場を開拓
4.いかにプライド捨て、中国で歓迎されるブランドを目指せ
5.アジアでの優位性を構築すべき日本企業の使命
6.リーダーは半歩先の可能性を探す
7.質疑応答

詳細はセミナー案内(http://www.rbbtoday.com/bch/seminar/2009-12-17-S09395.html)を参照。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top