ハーマン、ウォークマンに保存している音楽を高音質で楽しめるスピーカー | RBB TODAY

ハーマン、ウォークマンに保存している音楽を高音質で楽しめるスピーカー

IT・デジタル その他

本体カラーがブラックの場合の利用例(ウォークマンは別売)
  • 本体カラーがブラックの場合の利用例(ウォークマンは別売)
  • 本体カラーがブラックの場合の利用例(ウォークマンは別売)
  • 本体カラーがブラックの場合の利用例(ウォークマンは別売)
  • 本体カラーがホワイトの場合の利用例(ウォークマンは別売)
  • 本体カラーがホワイトの場合の利用例(ウォークマンは別売)
  • 本体カラーがホワイトの場合の利用例(ウォークマンは別売)
 ハーマンインターナショナルは、「ウォークマン」と接続できるWM-PORTを搭載したJBLブランドのスピーカー「JBL on station III WM」を発表。11月下旬から販売する。価格はオープンで、予想実売価格は20,000円前後。本体カラーはブラック/ホワイトの2色を用意。

 同製品は、WM-PORTコネクタで接続し、ウォークマンに保存している音楽を楽しめるクレードルタイプのスピーカー。接続と同時に自動で充電も行なう(「NW-S703F」「NW-S705F」「NW-S706F」「NW-S603」「NW-S605」を除く)。付属のワイヤレスリモコンでは、音量調整など本体の操作をはじめ、接続しているウォークマンの基本操作も行なえる。なお、丸型(直径55mm)アタッチメントを付属しており、オーバル型アタッチメントにも対応する。

 3.5mmステレオミニを搭載しており、他のMP3プレーヤーも接続が可能。ヘッドホンや音声の出力端子も装備し、PCやポータブルオーディオプレーヤーにも接続できる。また、電源はACアダプタのほか単3形乾電池×6に対応しており、アウトドアや海外での利用も可能となっている。

 音質面では、JBLのサウンドテクノロジーにより開発された、パワフルな25mmフルレンジスピーカーユニット「Odyssey」を4基搭載。ナチュラルな音楽再生を果たすため、独自のコンピューター・シミュレーションを駆使して設計されたCOE(Optimized Compression Topology)イコライゼーションを採用。音量を上げた時に起こる瞬間的なピークを抑え、大音量時でも歪みの少ないサウンドを可能とするOCT(Optimized Compression Topology)コンプレッション回路を装備。そして、最大限のバスレフポート効果を引き出す「Slipstream」ポートデザインの採用により、小型ボディながらハイクォリティーな低音再生を可能としている。

 おもな仕様として、出力は10W×2、インピーダンスは10,000Ω、SN比は85db以上、周波数特性は70〜20,000Hz。本体サイズは径190×高さ50mm、重さは510g(ACアダプタ/乾電池を除く)。付属品はウォークマン用アタッチメント(A/B)/専用リモコン/AC電源アダプタなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top