ゲノム解析のインフラに、アイシロンのスケールアウトNASが採用 | RBB TODAY

ゲノム解析のインフラに、アイシロンのスケールアウトNASが採用

エンタープライズ その他

 アイシロン・システムズは15日、Illumina(イルミナ社)が、同社の「IlluminaCompute」のストレージ・インフラストラクチャとしてアイシロン製品を採用したことを発表した。

 イルミナ社は遺伝的機能や遺伝的変異の大規模解析ツールを開発しており、同社の「IlluminaCompute」は、Genome Analyzerシーケンシング プラットフォームのための新しい完全統合型高性能コンピューティング ソリューションとなる。高スループット型シーケンス解析ワークフロー用にチューニングされた、計算用ハードウェア、情報ソフトウェアおよび高可用性ストレージが統合された独自のソリューションとなっている。「IlluminaCompute」は、デルの高性能ブレード サーバおよびアイシロンのスケールアウトNASと組み合わせ、ヒューマン スケールのゲノム データ解析向けソリューションとして提供されるという。IlluminaComputeを使用する研究機関であれば、その規模に関係なく、高性能コンピューティングに最適なストレージ インフラストラクチャを導入し、ゲノム データのシーケンシングおよび解析を単一ファイルシステムに簡素化することが可能となり、これにより、非集中型シーケンシング ソリューションのコストを削減し、その複雑性を緩和できる見込みだ。

 イルミナ社の統括責任者兼CIOのScott Kahn氏は「Genome Analyzerにおけるデータサイズが著しく増加したことで、計算能力、ストレージ容量およびデータ解析を1つにまとめたコスト効率に優れたパッケージソリューションが必要となりました。Isilon IQの拡張性、性能および使いやすさが非常に優れているだけでなく、わたしたちの顧客の多くがすでにIllumina Genome Analyzerでアイシロン ストレージ ソリューションを利用していたため、アイシロンのスケールアウトNASは、IlluminaComputeのストレージ コンポーネントとして最適な選択肢でした」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top