富士通、Core 2 Duo搭載でWindows 7採用のハイスペックミニノート | RBB TODAY

富士通、Core 2 Duo搭載でWindows 7採用のハイスペックミニノート

IT・デジタル ノートPC

LOOX Cの冬モデル
  • LOOX Cの冬モデル
  • カラーは3種類
 富士通は13日、“FMV-BIBLO LOOX C”シリーズの冬モデルを発表した。Core 2 Duo SU9400搭載の「LOOX C/E70」とCeleron SU2300搭載の「LOOX C/E50」の2モデル。カラーはシャイニーブラック、ルビーレッド、マリンブルーの3種類を用意する。なお、「LOOX C/E50」はMicrosoft Office Personal 2007 SP2モデルもある。「LOOX C/E70」は29日発売予定で、予想実売価格は10万円強。「LOOX C/E50」は22日発売予定で8万円強。「LOOX C/E50」のOffice搭載モデルは10万円強となっている。

 主な仕様は新たにWindows 7 Home Premium(32ビット)を採用し、液晶サイズは11.6型ワイド(1366×768ドット)。メモリ2GB、HDD 320GB、無線LAN(IEEE1394 802.11b/g/n)、Bluetooth、100BASE-TX、USB2.0×3、メモリースロット(SD/メモリースティック)、ウェブカメラとなっている。サイズは幅285×奥行き209×高さ26.4〜30.2mm、重量約1.6kg。バッテリー駆動時間は「LOOX C/E70」が約9.2時間、「LOOX C/E50」が約6.2時間だ。DVDドライブは搭載していないが、有線・無線LAN経由で1台のパソコンのDVDドライブを利用することができるDVDドライブ共有機能を搭載する(Windows XP以降のOSを搭載したFMVシリーズ)。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top