【CEATEC JAPAN 2009 Vol.18】次世代ATOMの評価キットが参考出品——FlatOak | RBB TODAY

【CEATEC JAPAN 2009 Vol.18】次世代ATOMの評価キットが参考出品——FlatOak

エンタープライズ モバイルBIZ

PEARTREE IIの外観。このまま特定製品の受託開発や、内蔵モジュールなどを含んだSoCソリューションなどにも対応する。大量生産品を意識した評価キットとのこと
  • PEARTREE IIの外観。このまま特定製品の受託開発や、内蔵モジュールなどを含んだSoCソリューションなどにも対応する。大量生産品を意識した評価キットとのこと
  • PEARTREE IIの背面。アンテナはワンセグ用。5Mピクセルのカメラも内蔵している
  • PEARTREE IIの側面。USB端子、オーディオ入出力端子などを備える
  • こちらは、OEM向けだが、USB給電の小型プロジェクタ。2系統使えば1Aとれるのでそれなりの明るさだ。
  • USBケーブルだけですぐ使えるのは小型プロジェクタとしてはうれしい機能
 CEATEC JAPAN 2009では、一般家電メーカー以外に電子部品や産業用機器の展示も行われる。その中で次世代ATOMプロセッサ対応の評価ボードを発見した。まだ試作段階という参考出品という形だが、FlatOakというベンチャー企業のブースだ。

 PEARTREE IIというこの製品は、携帯情報端末やスマートフォン、産業用専用端末などを開発するために利用する評価キットとなる。外観は小型の情報端末そのものでタッチパネル内蔵の液晶ディスプレイ(4.3インチ)の本体にカメラや入出力インターフェイスなどを装備している。

 本体には、WiFi/Bluetooth、3G/GSM/WiMAXのモジュール、ワンセグチューナー、5Mピクセルのカメラ、GPSモジュール、フラッシュメモリなどが搭載される。また、加速度センサーやオプティカルジョイスティックという携帯端末用のポインティングインターフェイスも内蔵しており、PND、カーナビ、スマートフォンといった高機能な情報端末のほとんどの機能を標準で持っている。OSはLinuxに対応する。

 ソフトウェアの開発環境には、インテルのモバイル・アプリケーション開発ツール・スイートを利用し、PEARTREE IIの回路図やソースプログラムの利用に特にライセンスの制限は設けないという。

 FlatOakのブースで、USB給電の小型プロジェクタのデモも行われていたので、このようなコンシューマ製品の開発も手掛けているのかと思って確認したところ、OEM向けの製品として取り扱っているそうだ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top