アカマイ、独自のHD動画配信ソリューションを発表 | RBB TODAY

アカマイ、独自のHD動画配信ソリューションを発表

エンタープライズ その他
「Akamai HD Network」ロゴ
  • 「Akamai HD Network」ロゴ
  • 「Akamai HD Network」サイト(画像)
 アカマイは30日、ブロードキャスト規模のHD動画配信を実現する世界初のプラットフォームおよび独自の動画配信関連サービスを包含する「Akamai HD Network」を発表した。

 「Akamai HD Network」は、Adobe Flash、Microsoft Silverlight、iPhoneをサポートし、HDテレビ画像に匹敵する画質のオンライン動画をインタラクティブに制御可能なソリューション。メディア解析サービスを含む、ライブ/オンデマンドHDストリーミングをサポートする。Akamai HD Networkは、業界初のストリーミング・プラットフォームとして、複数の再生環境、Flash、SilverlightやiPhoneをはじめとするデバイスと直接連動するHDネットワークとして設計・構築されているとのこと。Akamai HD Networkは、世界規模で分散配置された50,000台以上のサーバで構成されたアカマイのネットワーク、「Edge Platform」上で提供され、コンテンツのプロバイダがより多くのHDコンテンツを配信できる。コンテンツ・プロバイダは、70カ国に及ぶ900以上のネットワークを利用するため、幅広い配信が可能だ。

 「Akamai HD Network」は「アダプティブ・ビットレート・ストリーミング」などの機能に対応する。「アダプティブ・ビットレート・ストリーミング」は、ネットワークとプレイヤー間のストリーミングのプロセスで、使用可能な帯域の変動にシームレスに対応することで、いつでも各ユーザーに最良の品質によって、間断のない再生を可能とする。「インスタント・レスポンス」は、サブ秒単位のタイムシフト(一時停止、巻き戻し、検索、再生のコマンド)時の動画始動時間、およびシームレスなストリーム・スイッチなど、ビデオプレイヤーと視聴者とのインタラクションに素早く対応。「HDメディア解析」は、高度な配信状況把握を可能にする単一ソリューションとしてまとめられた、HDコンテンツ配信とオーディエンス関連情報の解析サービス。「HDビデオプレイヤー」は、製品化までの時間を短縮するためのオープンで、標準ベースのビデオプレイヤー。「HDプレイヤー認証」は3つの環境すべてについてプレイヤーの認証を行い、許可を受けたプレイヤーのみがコンテンツにアクセスできるようにする仕組みだ。

 「Akamai HD Network」は、アカマイのHD Edge Platformと連動するように最適化された再生フォーマットをサポートし、最速でもっとも一貫性のある動画ビットレート・スイッチングのためのアダプティブ・ビットレート・ストリーミング性能を実現している。これにより、視聴者は、最高度のビットレートであっても間断のない視聴が即座に可能となる見込みだ。また、動画コンテンツは、アカマイのHTTPフットプリントを活用することで、アカマイのHDネットワークを経由し世界中の視聴者に対して、より物理的に近くのサーバから配信される。これにより、アカマイはストリームを切り換える前に、プレイヤーがバッファリングに要する時間をより厳密に制御できるとのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top