KDDI、ケータイ×TV連携のための新プラットフォームを発表 | RBB TODAY

KDDI、ケータイ×TV連携のための新プラットフォームを発表

エンタープライズ モバイルBIZ

重要シーンの検出で、サムネイルがより直感的になる(表示画面サンプル)
  • 重要シーンの検出で、サムネイルがより直感的になる(表示画面サンプル)
  • 地デジを携帯電話などでダイジェスト視聴(表示画面サンプル)
 KDDIとKDDI研究所は29日、新しいコンテンツ視聴方法を実現する「ケータイ×TV連携、FMBCスマートプラットフォーム」を開発したことを発表した。

 「ケータイ×TV連携、FMBCスマートプラットフォーム」は、固定通信(Fixed)、移動通信(Mobile)、放送(Broadcasting)を連携させることで、携帯電話やTVを通して、大量のコンテンツや情報に素早くアクセスすることを可能にし、より高度で便利なコンテンツ視聴方法を実現する、新しいサービス提供プラットフォームとなる。なおFMBCは「Fixed Mobile & Broadcasting Convergence」の略で、固定通信、移動通信、放送を融合した通信サービスを指す。

 従来は、コンテンツや情報にアクセスするためには、地上波放送はTV番組表から、VOD(ビデオ・オン・デマンド)はコンテンツリストから、インターネットビデオは携帯電話やPCでインターネットからそれぞれ検索する必要があった。この新プラットフォームでは、「メディア横断おすすめ視聴」「テレビダイジェスト視聴」「ファミリーコンテンツおすすめ視聴」「ケータイ・TV連携ニュース視聴」の各機能を導入、「見たいコンテンツを、地上波放送・VOD・インターネットなどのソースを問わず、直感的に選択することを可能にするという。さらに個人や家族の嗜好を自動的に集約して最適なおすすめコンテンツ情報を提示することや、外出先でニュースやドラマの番組内容を短時間で確認するなど、それぞれの視聴環境に最適なコンテンツ配信を提供することが可能となる。

 「メディア横断おすすめ視聴」では、個人の嗜好に基づき、おすすめコンテンツを自動提示したり、放送番組を自動録画したりする。おすすめコンテンツの提示は、「映像コンテンツ中の重要シーン自動検出技術」により、直感的なサムネイル形式で、携帯電話ならびにTVに対して行う。「テレビダイジェスト視聴」は「新形式の要約コンテンツ生成技術」により、ちょっとした空き時間に、ニュースやドラマの番組内容を紙芝居風に短時間で確認することが可能。字幕も同時に表示されるため、音声を出せない環境でも閲覧可能とする。「ファミリーコンテンツおすすめ視聴」では「グループレコメンド技術」および「番組関連情報検索・提示技術」により、家族の好みを自動的に集約して、リビングルームで視聴中の家族に最適なコンテンツ情報を提供、個人の携帯電話には、1人1人の好みに合わせた番組関連情報を提示する。「ケータイ・TV連携ニュース視聴」では、携帯電話で閲覧したニューステキストに該当する映像シーンを、家庭の録画機に記録されているニュースや情報番組から自動で抜き出し、TV上で再生する。

 なお新プラットフォームは、10月6日〜10日に開催される「CEATEC JAPAN 2009」(幕張メッセ)のKDDIブースにて紹介される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top