KDDI研、IPネットワーク経由で視聴する「ワンセグエリア放送送信システム」を開発 | RBB TODAY

KDDI研、IPネットワーク経由で視聴する「ワンセグエリア放送送信システム」を開発

エンタープライズ その他

IPネットワークを用いたワンセグエリア放送システムのイメージ
  • IPネットワークを用いたワンセグエリア放送システムのイメージ
  • ワンセグIP/RF変換技術
 KDDI研究所は14日、IPネットワークに接続することで、任意の場所でワンセグエリア放送の提供を可能とする「ワンセグエリア放送送信システム」を発表した。

 ワンセグエリア放送は、特定のエリアのみで視聴できる独自のワンセグコンテンツを配信するもの。駅や空港構内での観光案内、美術館や博物館での展示品紹介、店舗でのクーポン提供などをワンセグ端末向けに配信するといった利用法での展開が期待されている。

 KDDI研究所は、ワンセグエリア放送を実現するための技術として、ワンセグコンテンツをIPネットワーク経由で配信し、遠隔地において地上デジタル放送規格に準拠したワンセグ信号へリアルタイムに変換する「ワンセグIP/RF変換技術」を、今回あらたに開発したとのこと。

 IPネットワークによる配信を考慮した暗号化機能および誤り訂正機能により、1チャンネルあたり500kbit/s以下の小さな伝送帯域で、高い秘話性と伝送品質を実現したほか、IPネットワークで発生するパケット到着間隔揺らぎを吸収する機能や周波数同期回路を実装し、高品質のワンセグ信号を送信することで、受信端末では安定した視聴が可能とのこと。また、コンテンツをリアルタイムでワンセグ信号に変換できるため、配信サーバで番組の一元管理や差し替えが容易に行える。IPマルチキャスト技術を用いることで複数のエリアへ同時配信することも可能。

 これにより、ローカルでのファイル再生を中心とした従来のワンセグエリア放送方式に対し、生放送番組の配信や全国規模で展開する店舗などへの同報配信など、ネットワークを介することによる新しい形態でのワンセグエリア放送サービスの展開が期待されるという。

 なお、今回の開発システムは「ワイヤレスジャパン 2008」(7月22日〜24日@東京ビッグサイト)のKDDIブースで動態展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top