NTTグループ、ネットスクール事業の新会社「NTTナレッジ・スクウェア」を発足 | RBB TODAY

NTTグループ、ネットスクール事業の新会社「NTTナレッジ・スクウェア」を発足

 NTTグループとデジタル・ナレッジは18日、消費者向けネット教育サービスを提供する新会社「NTTナレッジ・スクウェア」の発足について合意したことを発表した。

エンタープライズ その他
 日本電信電話の100%子会社であるNTTインベストメント・パートナーズおよびエヌ・ティ・ティラーニングシステムズと、デジタル・ナレッジは18日、消費者向けネット教育サービスを提供する新会社「NTTナレッジ・スクウェア」の発足について合意したことを発表した。

 「NTTナレッジ・スクウェア」はブロードバンドを活用した新しいeラーニング(ネットスクール)事業を行う会社。発足は9月18日で、資本金は4億8千万円。資本構成はNTTグループ(NTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合、エヌ・ティ・ティラーニングシステムズ)が79.8%、デジタル・ナレッジが20.2%ととなる。本社所在地は東京都港区南麻布1-6-15で、代表取締役社長は古賀哲夫氏が務める。

 NTTグループは、アプリケーションやコンテンツの利活用を推進する一環として、まず教育、特にeラーニング分野において、ブロードバンドを活用した新しい「学びの価値」を提供することを目指すとしており、今回、デジタル・ナレッジ社とともに、あらたなネット教育サービス創出のための会社を発足させた。新会社については、年内のサービス開始をめざし準備を進め、準備が整い次第、あらためて発表される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top