パナソニック、ポータブルSDカーナビ「ストラーダポケット」新製品6機種 | RBB TODAY

パナソニック、ポータブルSDカーナビ「ストラーダポケット」新製品6機種

 パナソニックは17日、ポータブルSDカーナビゲーション「ストラーダポケット」新製品6機種を発表。10月9日から発表する。

IT・デジタル その他
CN-MP250DL
  • CN-MP250DL
  • CN-MP250D
  • CN-MP180DL
  • CN-MP180D
  • CN-MP150DL
  • CN-MP150D
 パナソニックは17日、ポータブルSDカーナビゲーション「ストラーダポケット」新製品6機種を発表。10月9日から発表する。

 今回発表されたのは、ワンセグチューナー/FM-VICS内蔵の「CN-MP250DL」、「CN-MP250D」、ワンセグチューナー内蔵の「CN-MP180DL」、「CN-MP180D」、FM-VICS内蔵の「CN-MP150DL」、「CN-MP150D」。末尾にLがついた機種にはACアダプタと家庭用スタンドが付属する。

 カラーはCN-MP250DLがブラック/ブラック×レッド、CN-MP250Dがブラック、CN-MP180DLがスノーホワイト/チタンシルバー/ルミナスレッド、CN-MP180Dがブラック/チタンシルバー、CN-MP150DLがブラック、CN-MP150Dがブラック。価格はオープンで、予想実売価格はCN-MP250DLが69,800円、CN-MP250Dが64,800円、CN-MP180DL/ CN-MP150DLが59,800円、CN-MP180D/ CN-MP150Dが54,800円。

 おもな仕様として、特殊ゲル素材を使用した「車載用吸盤スタンド」を装備。ダッシュボードへの容易な取り付けが可能となっている。また、高性能CPUの搭載により、地図・検索情報を高速表示。MP250/MP150は、付属の車載用スタンドにFM-VICSチューナーを内蔵し、FM多重VICSで提供される渋滞情報や交通規制情報を地図上に表示できるという。

 地図データベースに8GBのmicroSDHCカードを採用し、全国1,031都市の市街地図情報や約910万件の電話番号、約3,600万件の住所情報などを収録。また、車から持ち出した際に目的地への到着をサポートする「おでかけウォーク」機能を新搭載した。

 「加速度センサー」と「ジャイロセンサー」で構成された「迷いまセンサー」を搭載。より高精度な自車位置測位を可能にした。本センサーはGPSが受信できない高層ビル街や高架下の走行時にも測位できるという。

 MP250/MP180は、「ディーガ」や「ビエラ」から持ち出したSDビデオ再生が可能。今後、ソフト会社から発売されるSDビデオコンテンツにも対応する。液晶ディスプレイはタッチパネル式5V型ワイドを採用した。ナビゲーション本体サイズは全製品共通で幅133×高さ89×奥行き28mm、ナビゲーション本体の重さはMP250/MP180が296g、MP150が290g。
《小口》

関連ニュース

特集

page top