世界初——パナソニック、車内でBlu-rayを楽しめる車載用Blu-rayディスクプレーヤー | RBB TODAY

世界初——パナソニック、車内でBlu-rayを楽しめる車載用Blu-rayディスクプレーヤー

IT・デジタル レコーダー

本体
  • 本体
  • 付属の専用リモコン
  • ■再生できる記録ディスク・SDメモリーカード
  • ■再生できないディスク
 パナソニックは、世界初の車載用Blu-rayディスクプレーヤー「CY-BB1000D」を発表。9月10日より販売する。価格は99,750円。限定生産。

 同製品は、車載用機器として世界初(8月1日現在、同社調べ)となるBlu-rayディスクプレーヤー。「車内でもブルーレイの高画質映像を楽しみたい」との要望に応えたという。本体サイズは車載用機器で一般的なDIN規格にあわせ1DINとする。DVD(AVCREC)やSD(AVCHD)のハイビジョン映像をはじめ、DVDやCDを含め多彩なメディアの再生に対応している。

 インターフェースとしてHDMI出力を備えており、同じく9月10日に発売を予定する同社製「Strada(ストラーダ)」HDDカーナビステーション「Fクラス」の「CN-HX3000D」(価格は365,400円)とHDMI接続することにより、ハイビジョン画質の美しい映像を車内で楽しめる。また、RCAコンポジット出力も搭載しており、他社製のカーナビゲーションシステムやAV製品にも映像や音声の出力が可能。専用リモコンとリモコン受光部を付属しており、他社製品との接続時にもリモコン操作を行なえる。

 高音質・多チャンネル音声フォーマット「ドルビーデジタルプラス」や「ドルビーTrueHD」、「DTS-HDマスターオーディオ」のHDMIビットストリーム出力/デコード(PCM)出力が可能。CN-HX3000Dとの接続時には5.1chの再生も行なえる。また、「BONUSView」機能付きBDビデオソフトに対応している。

 おもな仕様は以下のとおり。

●CY-BB1000D

・インターフェース:HDMI出力/RCAコンポジット出力/SDカードスロット
・電源:DC12Vマイナスアース
・本体サイズ:幅178×高さ50×奥行き188mm
・重さ:約1.6kg
・付属品:専用リモコン(本体サイズ幅52×高さ133×奥行き11mm/リチウム電池を含む重さ55g)
《加藤》

関連ニュース

特集

page top