NEC、社外持ち出しできないデータも携帯電話経由でプレゼンテーションできるシステムを発売 | RBB TODAY

NEC、社外持ち出しできないデータも携帯電話経由でプレゼンテーションできるシステムを発売

エンタープライズ その他

プロジェクター「NP62J」
  • プロジェクター「NP62J」
  • InfoFrame DocumentSkipperの概要
 NECディスプレイソリューションズおよび日本電気は26日、携帯電話とプロジェクターを活用したプレゼンテーションシステムをあらたに開発、販売を開始した。

 サーバに登録されている文書情報をネットワーク経由で携帯ブラウザに配信し、閲覧・検索を可能とするNECのモバイル文書閲覧システム「InfoFrame DocumentSkipper Mobile(インフォフレーム ドキュメントスキッパーモバイル)」を利用したもの。呼び出したデータをNECディスプレイソリューションズのプロジェクター「NP62J」「NP52J」で投写することで実現した。社外への持ち出しが制限された機密データなどでも、携帯電話を活用し、時間や場所にとらわれないセキュアなプレゼンテーションが可能となる。

 また新システムでは、サーバに文書データを登録する際に、「InfoFrame DocumentSkipper Mobile」が自動的にプロジェクター投写用にデータフォーマットの変換を行うため、文書データのフォーマットを意識することなく利用が可能。サーバから取得したデータは携帯電話に一時的に保存されるが、携帯電話のアプリケーションを終了すると自動的に消去される。

 携帯電話とプロジェクターを用いたプレゼンテーションシステムは業界初であり、両社は、今後3年間で30社への導入を目指すとしている。コンテンツ変換・登録、および配信用サーバ 1台、InfoFrame DocumentSkipper Mobile、他ソフト、対応プロジェクターNP52J(10台)のシステム構成例で、価格は税込500万円〜(SI費用、携帯電話の費用は別)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top