日本HPとオラクル、「Oracle Transportation Management」を活用したロジスティクス・システムを共同提供 | RBB TODAY

日本HPとオラクル、「Oracle Transportation Management」を活用したロジスティクス・システムを共同提供

エンタープライズ その他

 日本ヒューレット・パッカードと日本オラクルは19日、オラクルの「Oracle Transportation Management」(OTM)を活用した製造業、商社、物流業および小売業向けのロジスティクス・システムを共同で提供開始した。

 「OTM」は、船便・航空便などの輸送手段・タリフ(運賃表)、配送物の入荷・着荷・在庫の状況などを海外販社、製造子会社、物流子会社などの関連会社を含めて見える化する企業横断的な取り組みを支援するソリューション。日本HPは、ハードウェアをはじめとする「OTM」を活用したシステムの構築・導入を担当するほか、日本オラクルと共同でマーケティング活動を推進しする。

 HPは自身が製造業としてグローバルなロジスティクスを利用して全世界へ製品を配送しており、在庫起因コスト(Inventory Driven Costs, IDC)と呼ぶ考え方を実施するなど、業界におけるサプライチェーンマネジメント(SCM)の普及に努めている。さらにHPが新たに展開するカーボン・エミッション・マネジメント・サービス(CEMS)との併用により物流のスリム化だけでなく、CO2削減をも含めた形での提供を実施する。今回協業で日本HPは専任技術者を配置し、「HP GlobalMethod」として製造業向けに提供してきた導入サービスに、自社での物流管理システム導入の経験を反映し、「HP GlobalMethod / Oracle Transportation Management」として提供する予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top