「DTI meets ServersManキャンペーン」第3弾は、縦型ウェブカムコーダーをプレゼント | RBB TODAY

「DTI meets ServersManキャンペーン」第3弾は、縦型ウェブカムコーダーをプレゼント

エンタープライズ その他

ServersMan Scooop by EXEMODE 端末
  • ServersMan Scooop by EXEMODE 端末
  • 利用イメージ
 ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は31日、「DTI meets ServersManキャンペーン」第3弾を発表した。4月より実施している「DTI meets ServersManキャンペーン」において、8月1日からキャンペーン対象商品を一新し、撮影からネット公開までを世界最速で実現するウェブカムコーダー「ServersMan Scooop by EXEMODE」をプレゼントする。

 「ServersMan Scooop by EXEMODE」プレゼントの対象プランは、NTT東西が提供する「フレッツ光」をセットにした、DTIの光シンプルパック「DTI 光 with フレッツ」プランとなる。「DTI 光 with フレッツ」以外の各プランにお申し込みの方にも、抽選で「ServersManScooop by EXEMODE」をプレゼントするキャンペーンも実施する。

 キャンペーン期間中(8月1日〜2009年9月30日)に「DTI 光 with フレッツ」各プランにて新規加入、プランの変更、プラン追加で同時にフレッツ光回線の敷設を申し込んだ場合、工事費無料と月額基本料金2か月無料(NTT東日本エリアの場合)になるとともに、フレッツ光回線開通後に「ServersMan Scooop by EXEMODE」と交換できる商品引換書がプレゼントされる。色は白と黒の2色から選択可能で、ServersMan mini 2.0搭載のSDカード(2GB)が付属する。

 「ServersMan Scooop by EXEMODE」は、1/3型・130万画素CMOSイメージセンサー搭載の縦型ウェブカムコーダー。「ServersMan mini ver.2.0」を標準バンドルし、サーバーとしての即時公開と、YouTubeなどへのアップロード公開の2種類の機能を備えたシンプルな“Web放送局”。動画や写真を撮影後、パソコンとUSB接続するだけで、ServersMan miniのソフトウェアがサーバーとして起動し、そのままインターネットに動画を公開することができる。同一のインタフェースから、YouTube、Flickr、Picasaウェブアルバム(予定)などにアップロードすることも可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top