“婚活”してから“転活”? “転活”してから“婚活”? | RBB TODAY

“婚活”してから“転活”? “転活”してから“婚活”?

エンタメ その他

DODA ホンネの転職白書「婚活、転活、どっちが先か?」
  • DODA ホンネの転職白書「婚活、転活、どっちが先か?」
 インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」では、関東、関西、東海地域在住の25歳〜34歳のビジネスパーソン5,000人を対象に、既婚者と未婚者の転職活動に対する意識の違いについてインターネット上で調査を行った。
 
 転職に対する考えについて既婚者と未婚者に聞いたところ、既婚者の30.6%が「過去1年間、一度も転職を考えていない」と回答したのに対し、未婚者で同様の回答をしたのは22.7%に留まる結果となった。また、「時期は決めていないが、いいところがあれば転職したい」は、未婚者43.8%に対し、既婚者は39.8%。結婚することで、転職意向が下がる傾向にあることがわかった。
 
 転職先企業を選ぶ際に重要だと思う項目については、既婚、未婚どちらも、1位が「給与・手当など金銭面での待遇がよい」、2位が「雇用が安定している(失業の心配がない)」となった。しかし3位を見ると、既婚者が「育児・介護休暇制度など福利厚生が整っている」であるのに対し、未婚者では「自分が希望する仕事ができる(人事配置で配慮される)」に。未婚者で「育児・介護休暇制度を重視する」のは3.4%に留まった。自己実現よりも、家族の幸せを優先する既婚者の姿勢を表す結果といえるだろう。
 
 今の仕事を楽しめているかどうかでは、「非常に楽しめている」「まあ楽しめている」をあわせて“楽しめている”と答えた人は既婚者で69.0%だったのに対し、未婚者は64.0%と、既婚者のほうがより仕事を楽しめているという結果に。幸せな家庭が仕事にも活力を与えるのか、家庭よりも仕事が楽しいのか。いずれにしても、結婚により仕事に集中できる環境を手に入れた人が多いことを表す結果となっている。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top