アップル、第3四半期の業績を発表 〜 iPhone好調で利益が過去最高規模に | RBB TODAY

アップル、第3四半期の業績を発表 〜 iPhone好調で利益が過去最高規模に

エンタープライズ その他

iPhone 3GS
  • iPhone 3GS
 米Apple(アップル)は現地時間21日、2009年6月27日を末日とする2009年度第3四半期の業績を発表した。当四半期の売上高は83億4,000万ドル、純利益は12億3,000万ドル、希薄化後の1株当り利益は1.35ドル。

 当四半期、アップルは260万台のMacintoshコンピュータを出荷、これは前年同期に比べ、4%の増加となっている。また当四半期のiPodの出荷台数は1020万台と、前年同期と比べ、7%の減少となった。当四半期のiPhoneの販売台数は520万台と、前年同期に比べ、626%の増加となったとのこと。前年同期は、売上高が74億6,000万ドル、純利益が10億700万ドル、希薄化後の1株当り利益が1.19ドルで、売上総利益率は前年同期の34.8%から36.3%に上昇、当四半期の米国市場以外の売上比率は44%だった。

 今回の好結果は、主に2009年6月に発売された第三世代iPhoneとなるiPhone 3GSの好調を受けてのものとなる。アップルCEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズは「私たちはかつてない革新的な製品を作っており、お客様の反応も上々です。当四半期中に520万台以上のiPhoneを販売したことをとても嬉しく思います。App Storeからのアプリケーションのダウンロード件数も、開始から1年で15億件を超えました」とのコメントを寄せている。アップルCFO(最高財務責任者)のピーター・オッペンハイマーは「ホリデーシーズンを除く四半期として過去最高の売上高と利益を計上し、23億ドルの四半期営業キャッシュフローを報告できますことをとても嬉しく思います。2009年度第4四半期につきましては、売上高が約87億ドルから89億ドルの間、希薄化後の1株当り利益が約1.18ドルから1.23ドルの間になるものと予想しています」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top