夏休みを前に「親子で話そう、決めよう、ケータイのルール。」PRキャンペーンが開始 | RBB TODAY

夏休みを前に「親子で話そう、決めよう、ケータイのルール。」PRキャンペーンが開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「ケータイのルール・マナー」ロゴマーク
  • 「ケータイのルール・マナー」ロゴマーク
  • 「親子で話そう、決めよう、ケータイのルール。」ポスターのイメージ
  • 各社の有害サイトアクセス制限サービスと問い合わせ先
  • 各社携帯電話マナーの普及活動
 電気通信事業者協会(TCA)は10日、携帯電話・PHSのルールやマナーの必要性についてより多くの人に呼びかけるため、夏休みを前に「親子で話そう、決めよう、ケータイのルール。」PRキャンペーンを実施することを発表した。

 親子でケータイ利用のルール・マナーについて話し合う機会を持つことを呼びかけるためのPRキャンペーンとなる。具体的には「ケータイのルール・マナー」推進ロゴマークを制定。そのロゴマークを記載したキャンペーンポスターを、7月中旬より全国の地方自治体、警察署、図書館、小・中・高校、児童館などを中心に約6万枚配布する。

 携帯電話・PHS事業者各社は、有害なWEBサイトへのアクセスを遮断するフィルタリングサービスの提供とその普及に努めているが、本年4月1日に施行された青少年インターネット環境整備法にも対応し、運用を遵守するとともに、フィルタリングサービスの更なる改善にも取り組んでいる。2009年6月末時点でフィルタリングサービス加入件数は約593万件とのこと。なお、事業者は、安心ネットづくり促進協議会の場を通して、インターネット関係者との協議を積極的に行い、同協議会で定めた「もっとグッドネット」自主憲章(ネットでも思いやりを持って!、社会のルールとマナーを守って!、賢く使って、よりよいコミュニケーションを!)に則り、より良いインターネット環境の構築とそのサービスの提供に努めていくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top