ケータイのデザイン、10代はシャープ・アップル 20代・30代はパナソニックを評価 〜 ネットエイジア調べ | RBB TODAY

ケータイのデザイン、10代はシャープ・アップル 20代・30代はパナソニックを評価 〜 ネットエイジア調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

メーカー別・携帯電話自体のイメージ
  • メーカー別・携帯電話自体のイメージ
  • メーカー別・会社自体のイメージ
 ネットエイジアは26日、ケータイメーカーに関する調査結果を公表した。

 モバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)によるもので、調査期間は5月25日〜5月27日。10代〜30代の男女500名を対象に、パナソニック、シャープ、NEC、ソニーエリクソン、富士通、東芝、日立、カシオ、サンヨー、京セラ、アップル、ノキア、サムスン、LG電子、HTCの各メーカーについて、会社そのもののイメージおよびケータイ端末に関するイメージをアンケートした。

 それによると、ケータイ端末のイメージにもっともあてはまるワードについて単一回答形式で質問したところ、国内メーカーは「実用的」「デザイン性が高い」がトップとなり、外資系メーカーは「個性的」がトップとなった(「わからない」を除く。以下同じ)。パナソニック・シャープ・ソニーエリクソンは「デザイン性が高い」がトップとなった(パナソニック:23.6%、シャープ:18.4%、ソニーエリクソン:18.2%)。一方、NEC・富士通・東芝・日立・カシオ・サンヨー・は「実用的」がもっとも高くなった(NEC:19.4%、富士通:30.0%、東芝:24.2%、日立:22.6%、カシオ:20.4%、サンヨー:15.0%)。外資系メーカーのうち、ノキア・サムスン・LG電子・HTCは「個性的」が1位となったが(ノキア:11.2%、サムスン:8.2%、LG電子:5.6%、HTC:4.8%)、iphoneを出しているアップルは「斬新である」(16.8%)が1位となった。

 各メーカーの端末イメージを年代別で見てみると、「デザイン性が高い」において、パナソニックは、20代・30代の評価が10代よりも高くなったが(10代:18.9%、20代:24.6%、30代:25.1%)、シャープ・アップルは10代がもっとも高くなった(シャープ 10代:24.5%、20代:16.0%、30代:17.4%)(アップル 10代:21.7%、20代:16 .0%、30代:13.5%)。「デザイン性」では、パナソニックは20・30代が、シャープ・アップルは10代が評価している傾向がうかがえるとのこと。

 一方、会社のイメージにおいて、どのワードがもっともあてはまるかを聞いたところ(単一回答形式)、全体的な傾向として外資系メーカーを除いて「信頼できる」「かっこよい」「実用的」がトップになるという結果となった(「わからない」を除く。以下同じ)。各メーカーに対する回答状況を見てみると、パナソニック・シャープ・NEC・富士通・東芝・日立は、「信頼できる」がもっとも高くなった(パナソニック:31.4%、シャープ21.4:%、NEC:28.4%、富士通21.8:%、東芝:26.4%、日立:17.0%)。一方、ソニーエリクソンでは「かっこよい」がトップとなった(21.4%)。

 外資系メーカーのアップル・ノキア・サムスン・LG電子は、「国際的」がもっとも回答が多くなった(アップル:20.6%、ノキア:22.4%、サムスン:18.0%、LG電子:11.6%)。次に、各メーカーのイメージを年代別で見てみると、シャープ・ソニーエリクソン・アップルは、年代が下になるほど「信頼できる」が高くなった(シャープ 10代:24.5%、20代:23.0%、30代:18.4%)(ソニーエリクソン 10代:17.0%、20代:9.1%、30代:8.7%)(アップル 10代:14.2%、20代:3.2%、30代:1.9%)。一方、NECは年代が上になるほど「信頼できる」が高くなる傾向が認められた(10代:19.8%、20代:26.2%、30代:34.8%)。このように各メーカーに対するイメージは年代によって異なることがあきらかとなった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top