“わかりやすくて軽い”のが企業サイト好感度アップの秘訣〜意識調査 | RBB TODAY

“わかりやすくて軽い”のが企業サイト好感度アップの秘訣〜意識調査

エンタメ その他

企業サイト好感度ランキングに関する意識調査
  • 企業サイト好感度ランキングに関する意識調査
 会社概要や商品情報などを掲載した企業サイトは、今や企業にとって欠くことのできないツール。ネットユーザーはどのような企業サイトに好感を持っているのだろうか、アイシェアが20代から40代の男女に意識調査を実施し、564名の回答を集計した。

 インターネットで企業サイトを見たことがあると答えたのは368人(65.2%)。企業サイトにどんな情報を求めているかを複数回答で聞いたところ、「商品情報」が94.0%でトップ、「店舗検索(80.4%)」がそれに続いた。「採用情報」は20代の数値が他の年代と比べて高かった。

 好感が持てる企業サイトの条件(複数回答)1位は「情報が整理されている(85.9%)」、2位「軽くてページ移動がスムーズに行える(69.6%)」、3位「サイト内検索が使いやすい(64.1%)」と、使い勝手の良いサイトに支持が集中。「わかりやすくて軽い」というのが求められているようだ。

 日興アイ・アールが毎年発表している「全上場企業 ホームページ充実度ランキング」2008年度の上位5社「東芝」、「NTTドコモ」、「東京ガス」、「カプコン」、「TDK」をネットユーザーに見てもらった上で1位を決めてもらったところ、トップは「NTTドコモ」(40.8%)で、2位の「東芝」(20.7%)に大きな差をつけ逆転。以下は充実度ランキングと同じで「東京ガス」(16.1%)、「カプコン」(12.6%)、「TDK」(9.8%)の順だった。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top