シトリックス、無償の仮想化プラットフォーム最新版「Citrix XenServer 5.5」を発表 | RBB TODAY

シトリックス、無償の仮想化プラットフォーム最新版「Citrix XenServer 5.5」を発表

エンタープライズ その他

 シトリックス・システムズ・ジャパンは24日、無償で提供しているエンタープライズクラスの仮想化プラットフォームの最新版「Citrix XenServer 5.5」を発表した。

 Citrix XenServerは、ノードの中央集中管理、組み込み型のストレージ機能、ライブマイグレーションなどが利用可能となっている。3月31日に無償化されてから75日間で、世界50か国にあるダウンロードサイトから、10万を超える顧客がCitrix XenServerをダウンロードしたとのこと。最新版の「Citrix XenServer 5.5」は、仮想化の管理を簡素化し、より広範な企業システムとの統合を可能にする新機能を追加している。新機能である統合バックアップでは、集中管理コンソール「XenCenter」を使って、GUIベースのスナップショットを直接実行可能。また、VMwareで使用される形式のVMDKフォーマットで作成された仮想マシンを、Citrix XenServerおよびMicrosoft Hyper-Vで使用されるVHDフォーマットに変換できるようになった。新しいXenConvertツールは、OVF(Open Virtualization Format)、OVA(Open Virtual Appliance)、XVA(XenServer Virtual Appliance)を含むオープンな仮想化フォーマット間の変換がシームレスに実行できるようになった。そのほか検索ツールの強化、Active Directoryの統合、WindowsおよびLinuxのゲストOSのサポートの拡大が含まれた。

 シトリックス・システムズのバーチャライゼーション マネージメント部門のシニア バイス プレジデント兼ジェネラルマネージャーであるPeter Levineは、「XenServerの無償化は、一回限りの知名度向上のための活動ではありません。当社にとって不可欠な戦略の一環であり、75%を超えるサーバーが仮想化されていないという現状に対して、仮想化の普及と促進を目指します」と述べている。
《池田利夫》

関連ニュース

特集

page top