80億円の報奨金もゲット!? 〜 世界初のドメインコンテスト「WorldDomainCup」開催 | RBB TODAY

80億円の報奨金もゲット!? 〜 世界初のドメインコンテスト「WorldDomainCup」開催

 インターリンクは、世界初となるドメインコンテスト「WDC(WorldDomainCup)」(ワールドドメインカップ)を6月24日正午より世界同時で開催した。

エンタープライズ その他
「WDC(WorldDomainCup)」サイト(画像)
  • 「WDC(WorldDomainCup)」サイト(画像)
 インターリンクは、世界初となるドメインコンテスト「WDC(WorldDomainCup)」(ワールドドメインカップ)を6月24日正午より世界同時で開催した。

 ICANN国際会議にて発表されたもので、あらたな独自トップレベルドメインの考案を募集するコンテストとなる。「独自トップレベルドメイン」とは、「.com」や「.net」にあたる部分のことで、これまでは21種に限定されていたが、2008年にICANNがトップレベルドメイン自由化を承認したことにより、本コンテスト開催に至ったちという。

 「.car(自動車)」「.web(Web)」「.blog(ブログ)」のように自由に考案したドメインをインターリンクに応募し、最終選考により20ドメインが選出される。その後、一般投票を経てグランプリ(優勝ドメイン)が決定する。応募期間は6月24日〜9月30日、投票期間は10月15日〜11月15日、結果発表は11月30日。グランプリを勝ち取ったドメイン応募者には賞金1万ドルが提供される。さらにそのドメインが1つ売れるごとに1ドルの報奨金を10年間支払うとのこと。仮に「com」ドメインのように8千万ドメイン登録(2008年末現在)されると、8千万ドル(約80億円)の報奨金が支払われるとのこと。その場合ICANNへのドメイン認可申請費用も数千万円かかるが、インターリンクが負担するとのこと。優勝したドメインの応募者が複数の場合、賞金および報奨金は均等に優勝ドメイン応募者へ配分される見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top