dynabookの技術を応用! ドコモの4.1inワイドVGA・フルタッチパネルスマートフォンの発売日が決定 | RBB TODAY

dynabookの技術を応用! ドコモの4.1inワイドVGA・フルタッチパネルスマートフォンの発売日が決定

エンタープライズ モバイルBIZ

「docomo PRO series T-01A」(東芝製)
  • 「docomo PRO series T-01A」(東芝製)
  • 4.1インチワイドVGAのフルタッチパネルを搭載
  • Black
  • Black
  • Black
  • Silver
  • Silver
  • Silver
 NTTドコモは16日、「docomo PRO series」に4.1インチワイドVGAのタッチパネルディスプレイを搭載した「T-01A」を追加。20日に発売すると発表した。

 「docomo PRO series T-01A」(東芝製)は、ノートPC「dynabook」の技術を応用して実現した、厚さ9.9mmの薄型ボディに1GHzのCPUと、4.1インチのワイドVGA(480×800ドット)のフルタッチパネルを搭載したスマートフォン。モーションセンサーを搭載しており、ボディを振るだけで電話に応対できたり、傾きに応じて画面の縦横表示の切り替えなどが可能。搭載OSはWindows Mobile 6.1 Professionalだ。

 また、10キー入力とQWERTY入力を使い分けることができ、手書き入力にも対応した、オリジナルのソフトキーボードや、片手でスムーズな操作を行えるというフローティングパッドなど、使いやすさを追求した機能を搭載。さらに無線LAN(IEEE802.11b/g)への対応により、家庭や公衆の無線LANを使用することができる。

 サイズは約高さ130mm×幅70mm×厚さ9.9mmで、重量は約129グラム。オートフォーカス対応CMOSカメラ(約320万画素)を搭載。バッテリー駆動時間は、3G連続待受時間(静止時)は約250時間、GSM連続待受時間(静止時)は約180時間、3G連続通話時間は約210分、GSM連続通話時間は約200分。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top