NTT Com、クラウドサービス基盤構想「Setten」の実証実験を開始 | RBB TODAY

NTT Com、クラウドサービス基盤構想「Setten」の実証実験を開始

エンタープライズ その他

Settenのイメージ
  • Settenのイメージ
  • 実証実験システムの仕組み
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2日、クラウドを実現する新しいサービス基盤構想「Setten」(接点)における実証実験を開始した。

 NTT Comでは、既存のクラウドコンピューティングサービスを包含し、かつネットワークからアプリケーションまでを高品質・高信頼・高付加価値で提供する仕組みとしてのクラウドを実現する新しいサービス基盤構想、「Setten」を実現し、あらたな市場を創出することを目指しているという。「Setten」では、いつでもどこでも、多様なアクセス手段によるサービス基盤への接続が可能なほか、既存のネットワークを活用、ネットワークからシステムまでの運用、社外環境とのオンデマンドな接続、仮想化環境の一元的な運用による企業ICTの運用負担の軽減などが実現できるとのこと。

 今回の実証実験では6月2日〜8月の期間(予定)、国内・海外を問わず、接続環境を選ばないワークスタイルを実現する、仮想デスクトップによるリモートオフィス環境を構築。流通業やNPO団体、教育機関の他、グローバルに展開する企業など15社の協力を得て、実証実験システムの操作性や使用感、業務をサービス基盤上で実施するにあたっての課題、今後追加を検討すべきSaaSアプリケーションなどを検証する。NTT Comは認証、OS(WebOS)、SaaSアプリケーション、ストレージ機能をサービス基盤として構築し、PCと携帯に仮想デスクトップ環境を提供する。実証実験参加者はインターネット経由で、Webブラウザから仮想デスクトップ環境を利用。サービス基盤上では社内システム、社内メール、社内ファイルサーバなどと接続して、社内にいるのと同等の環境で仕事ができるという。SaaSが提供するWebメールに添付されたオフィス系の資料を、別のSaaSアプリケーションで編集するなど、複数のSaaSを組み合わせた使い方(マッシュアップ)が可能とのこと。この実証実験で得られた結果は、BizCITYブランドのもと、2009年度内に具体的なサービスとして提供される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top