学生時代の「制服好き」は大人になっても変わらない? | RBB TODAY

学生時代の「制服好き」は大人になっても変わらない?

 小さい頃、警察官や看護師などの制服姿に憧れた経験がある人も多いのではないだろうか。アイシェアは、20代から40代のネットユーザーに対し「制服」についての意識調査を実施した。集計回答数は男女605名。

エンタメ その他
調査結果
  • 調査結果
 小さい頃、警察官や看護師などの制服姿に憧れた経験がある人も多いのではないだろうか。アイシェアは、20代から40代のネットユーザーに対し「制服」についての意識調査を実施した。集計回答数は男女605名。

 学生時代の制服について聞くと、「好きだった(16.2%)」「どちらかというと好きだった(44.3%)」を合わせた「好き派」が60.5%。対する「嫌い派」は34.2%だった。内訳は「どちらかというと嫌いだった」が25.1%、「嫌いだった」は9.1%。「制服のある学校に通ったことがない」人は5.3%とわずかだった。

 学生時代の制服経験者に、まだ捨てずに持っている学生時代の制服があるかと聞いてみた。「ある」とした人は全体の23.9%。20代では35.9%と高く、年代が上がるほど減少傾向に。今度は全員を対象として、制服に憧れて入りたいと思った学校や会社、なりたいと思った職業を尋ねてみたところ、「ある」とした人は15.9%。少数派であった。

 続いて、制服(ユニフォーム)がある職場に勤めたことがあるかと聞いたところ、61.2%が「ある」と回答。女性では70.5%と男性を17.2ポイントも上回る結果に。また、上の年代ほど経験者が多いようだ。学生時代の制服の好き嫌い別では、「好きだった」人ほど職場制服経験者が多く、「制服のある学校に通ったことがない」人では12.5%と低かった。
 
 さらに、仕事をするときに会社で決められた制服があるほうがいいかでは、「あるほうがいい(25.3%)」「どちらかというとあるほうがいい(32.9%)」とする「支持派」が58.2%を占めており、特に女性と30代は60%台と高い割合となった。学生時代の制服「好き派」内でも「支持派」が多く、72.7%と高ポイント。特に「好きだった」では50.0%が「あるほうがいい」とするなど、職場での制服にも好意的な様子だ。

 一方、「嫌い派」でも41.1%が肯定的だったものの、「好き派」には大きく及ばず、学生時代の制服への思いが職場での制服にも反映されていることが垣間見えた。ちなみに、「制服のある学校に通ったことがない」32名のうち、支持したのはわずか1名だった。

 「支持派」に制服があるほうがいい理由をすべて答えてもらったところ、「毎日服を選ばなくていいから」が79.3%でトップ。次いで「仕事とプライベートを分けられるから(48.6%)」、「どの会社(または職業)の人か一目でわかるから」が22.4%と続いた。性別・年代別に見てもトップ3は同じであったが、女性と20代の80%以上が「毎日服を選ばなくていいから」を挙げている点が特徴的である。

 対する「不支持派」の理由は、「着替えが面倒だから」が44.3%で最多。以下「どの会社(または職業)の人か一目でわかるから」「制服が嫌いだから」「みんなと同じ服が嫌だから」「毎日好きな服が選べるから」がいずれも20%台で続いた(複数回答)。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top