NTTぷらら、ひかりTV契約者数が50万人突破!100万契約目指しサービス拡充も!! | RBB TODAY

NTTぷらら、ひかりTV契約者数が50万人突破!100万契約目指しサービス拡充も!!

ブロードバンド その他

代表取締役社長の板東浩二氏
  • 代表取締役社長の板東浩二氏
  • 3月11日に50万人の契約を突破
  • ひかりTVのプラン別加入状況
  • 多いチャンネル放送とVODのサービス内容強化
  • 地上デジタル放送IP再送信サービス エリア展開計画
 NTTぷららは23日、ひかりTVのサービス開始1周年に関する記者会見を開催した。同社の発表によると、3月11日で契約者数が50万人を突破したという。代表取締役社長の板東浩二氏は、「昨年上半期は伸び悩んだが、9月以降ユーザー数が順調に伸びてきた。3月末には52万人の契約を獲得することを予想している」と話す。

 プラン別の加入状況では、3,675円/月の「お値打ちプラン」が58%ともっとも多く、次いで2,625円/月の「テレビおすすめプラン」の23%、2,625円/月の「ビデオざんまいプラン」の13%となっている。「お値打ちプラン」と「ビデオざんまいプラン」はVODが5,000本見放題となっており、71%がVODを利用していることになる。板東社長は「お値打ちプラン加入者が約6割であるというのは意味がある。VODとセットで(ひかりTVを)使っていただいているユーザーが多いということだ」とコメント。4th MEDIA時代を100とすると、7倍の客がVODを使っており、これは5,000本見放題という内容が寄与しているのではないかと分析した。

 NHKオンデマンドの影響については、同サービスが12月1日からサービスを開始したばかりであるため結論を出すのはまだ早いとしながらも、「(これまでのVODは)文化、教養、大河ドラマのようなコンテンツが少なかった。しかし、(NHKオンデマンドがはじまって)コンテンツの幅が広がったのは確かだ。利用状況をみればそうでもないが、効果はあったのではないか」と話した。ハイビジョンについては現在約2,000本のVODを提供中だが、2009年中にはこれを3,000本に増やすとしている。

 会見では今後のサービス拡充計画についても紹介された。まず多チャンネルについてはHDチャンネルを4月から15chに、10月には約30chに増やす。4月に追加される15チャンネルのうち6chはHDチャンネルとして国内初のものだ。まだ対応していないBSデジタル放送については第2四半期のサービス開始に向けて検討。これらコンテンツの拡大とともに、STBの操作性も向上させる。具体的にはタイトル、出演者などによる検索機能を向上させたものを4月から対応。トリッププレイ(早送り/巻き戻し)、チャプターの性能向上も行い、HDD内蔵のSTBを2009年中に投入する。パソコンについては東芝、NECなどがAVPCの提供を予定しているという。

 RBB TODAYのインタビューでも言及していたように板東社長は2009年中の加入者100万人突破を目指すとしている。これは、かなり早いペースといえる。この目標については、記者から経済環境悪化との関係で質問がとんだが「(この環境のなかでも)ネガティブにはとらえていない。(弊社のサービスは)比較的お金を使わずに時間を過ごせるという点でもプラスかもしれない。ただ1年経ってみないとわからない」と回答した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top