NEC、ベトナム電子政府プロジェクトでのOSS活用を支援 | RBB TODAY

NEC、ベトナム電子政府プロジェクトでのOSS活用を支援

 NECは9日、経済産業省が推進する2008年度「アジアオープンイノベーション環境整備事業」を通して、ベトナム社会主義共和国が計画する電子政府プロジェクトのOSS(オープン・ソース・ソフトウェア)活用を支援したと発表した。

エンタープライズ その他
 NECは9日、経済産業省が推進する2008年度「アジアオープンイノベーション環境整備事業」を通して、ベトナム社会主義共和国が計画する電子政府プロジェクトのOSS(オープン・ソース・ソフトウェア)活用を支援したと発表した。

 NECが行った支援活動は昨年7月より開始され、今年2月末に終了した。具体的には、ベトナムの電子政府構築におけるOSSの導入促進効果を高める環境条件整備の一環として、ベトナム情報通信省(MIC)とともに、(1)OSSポリシー(活用政策)の策定、(2)OSS推奨リストの作成、(3)調達決定者向けOSS研修教材の作成、(4)調達決定者向けワークショップ(セミナー)の開催を行った。なお、本支援活動の推進にあたり、三菱総合研究所の協力を得たとのこと。

 OSSポリシーは、OSSの解説(ガイドライン)とOSS調達ポリシーで構成。調達ポリシーは、調達方針、既存システムとOSSの取り扱い、ソースコードに関する権利関連、ベトナム語化などについての指針をベトナム情報通
信省とともにまとめた。また、調達ポリシーに沿った提案依頼書(RFP:Request for Proposal)を作成するためのテンプレートの作成を行っている。OSS推奨リストは、ベトナム政府および公的機関において採用されるOSSを標準化すること、OSSを活用したITシステムの調達を簡単にすること、および推奨OSSのベトナム国内での知名度向上と利用促進を図ることを目的とした。リストの作成では、15万以上あるOSSのうち、業務に必要なOSSのなかから、目的に合った34カテゴリ、59のソフトウェアを選出し、推奨リストとしてまとめたという。このうちの主要10ソフトウェアについては動作検証も行われた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top