日本HPとNTT Com、セールスフォース・ドットコムのSaaSサービスを通じてセキュアな環境構築で協業 | RBB TODAY

日本HPとNTT Com、セールスフォース・ドットコムのSaaSサービスを通じてセキュアな環境構築で協業

エンタープライズ その他

リバースプロキシ経由によるSalesforce CRMとの連携
  • リバースプロキシ経由によるSalesforce CRMとの連携
 日本ヒューレット・パッカードとNTTコミュニケーションズは26日、シングルサインオンによるセキュアなSaaS環境の構築において協業することを発表した。

 日本ヒューレット・パッカードは、「HP IceWall SSO」を経由したセールスフォース・ドットコムの提供するSaaSサービスへのシングルサインオン認証について検証を行い、完全な対応ができる事を確認。社内のWebアプリケーションと同様の認証ポリシーを、そのままセールスフォース・ドットコムのSaaSサービスに適用できる環境を整えた。「HP IceWall SSO」は、2009年3月にセールスフォース・ドットコムのアプリケーションマーケットプレイスである「Force.com AppExchange」に登録される予定だ。これにあわせて対応した「HP IceWall SSO」のライセンス販売及び、導入サービスの提供を行う。

 一方NTTコミュニケーションズは、認証基盤部分に「HP IceWall SSO」を活用した統合Web認証サービス「セキュアコネクト」を提供しており、今回、セールスフォース・ドットコムのSaaSサービスに対応することで、「セキュアコネクト」を通して、セールスフォース・ドットコムのSaaSサービスもワンストップかつセキュアに利用できる環境を提供する。特に、VPN経由で提供する「Salesforce over VPN powered by NTT Communications」と組み合わせることで、アクセス回線からライセンス、セキュリティ機能などをトータルに提供する予定だ。導入により、シングルサインオンでセールスフォース・ドットコムのSaaSサービスも利用でき、ユーザーの利便性が向上し、ID/パスワードの管理負荷が減る。ログ取得やセキュリティ機能を利用でき、電子証明書やICカードなどを使用した二要素認証システムの構築も容易になる。「セキュアコネクト」の利用により初期投資を抑えられるほか、「Salesforce over VPN」を組み合わせて、高信頼のSaaSサービスを利用できる見込みだ。

 両社は、今後もSaaS環境におけるセキュアなシングルサインオンサービスにおいて共同で検証および連携デモを行うほか、セミナー開催やWebプロモーションを行う予定。企業のIT環境や様々な利用形態に応じた、シングルサインオンサービスを提供するとのことだ。また、日本ヒューレット・パッカードは、セールスフォース・ドットコムも採用する標準認証方式であるSAML2.0による認証についての検証も行い、対応するとのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top