アップル、さらに高速になったWebブラウザ最新版「Safari 4」を公開 | RBB TODAY

アップル、さらに高速になったWebブラウザ最新版「Safari 4」を公開

 アップルは24日、Webブラウザ「Safari 4(サファリフォー)」のパブリックベータ版を公開した。英語版のみダウンロード可能だが、とくに問題なく日本語サイトの閲覧などが可能となっている。

ブロードバンド その他
「Safari 4」のダウンロードサイト
  • 「Safari 4」のダウンロードサイト
  • 頻繁に訪問するページをプレビューで一覧表示させる「Top Sites」機能。英語版のApple社のサイトのほか、Yahoo!、Wikipedia、Flickrなどがデフォルトでは表示されるようになっている
  • RBB TODAYサイトをSafari 4で表示させた状態。日本語での使用にとくに支障はなかった
 アップルは24日、Webブラウザ「Safari 4(サファリフォー)」のパブリックベータ版を公開した。英語版のみダウンロード可能だが、とくに問題なく日本語サイトの閲覧などが可能となっている。

 Safari 4はWebKitをベースとしており、「Nitroエンジン」搭載によりSafari 3に比べ、JavaScriptの実行速度を4.2倍高速化した。そのほか新機能としてTop Sites、Full History Search、Cover FlowそしてTabs on Topなどに対応する。Top Sitesは、頻繁に訪問するページをプレビューで一覧表示させる機能。Full History Searchは、最近閲覧したページのタイトルやウェブアドレス、そしてテキスト全体を検索する機能。Cover Flowは、ウェブ履歴やブックマークを簡単に見ることができる機能。そしてTabs on Topは、タブブラウザ機能となっている。そのほかHTML 5サポートによりウェブアプリをローカル保存可能となっているという。

 アップルによればSafari 4では、JavaScriptをIE7より最大30倍速く、Firefox 3よりも3倍以上速く実行可能とのこと。HTMLページの読み込みも、IE7より3倍以上、Firefox3と比べてもほぼ3倍の速さで読み込み可能だという。またブラウザとしては初めて、Web Standards ProjectのAcid3テストに合格している。

 Safari 4はMac OS XおよびWindows用ともにパブリックベータ版で、アップルサイトから無料でダウンロード可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top