KDDI、青少年向けWebフィルタリング「au one net安心アクセスサービス」を提供開始 | RBB TODAY

KDDI、青少年向けWebフィルタリング「au one net安心アクセスサービス」を提供開始

 KDDIは18日、固定系インターネット接続サービス「au one net」において、青少年が安心・安全にインターネットを利用できるWebフィルタリングサービス「au one net安心アクセスサービス」を発表した。3月18日よりの提供開始となる。

エンタープライズ その他
「au one net安心アクセスサービス」概要
  • 「au one net安心アクセスサービス」概要
 KDDIは18日、固定系インターネット接続サービス「au one net」において、青少年が安心・安全にインターネットを利用できるWebフィルタリングサービス「au one net安心アクセスサービス」を発表した。3月18日よりの提供開始となる。

 「au one net安心アクセスサービス」は、トレンドマイクロ社のPCインストール型Webフィルタリングソフトウェア「InterScan WebManagerホームエディション」を活用した、「au one net」利用者向けWebフィルタリングサービス。あらかじめ用意された「基本フィルタ」により、有害サイトへのアクセスを規制できる。規制の対象となるカテゴリやWebサイトはPC利用者ごとに設定でき、1台のPCを親子や兄弟で共用する場合などでも、青少年の利用者が「au one net」をより安心・安全に利用できるとのこと。

 同サービスの基本フィルタは、au携帯電話と同じくネットスター社のデータベースを採用。PCならではの脅威にも配慮され、フィッシングサイトや違法サイトなどへのアクセスも規制可能となっている。最新のデータベースに基づき自動的に更新されるため、利用者はいつでも最新情報に基づくWebフィルタリングサービスを利用できる。「基本フィルタ」は「小学生向け」「中高生向け」「大人向け」の3種類が用意されており、選択が可能。アクセス規制の対象となるカテゴリやWebサイトは、設定したパスワードを利用しれば、利用者自身によるカスタマイズ、登録設定もできる。

 利用料金はPC1台につき月額252円(税込)。加入初月は無料。サービスの申し込みは「au one net」ホームページから行える。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top