ニコン初、DXフォーマット専用開発の標準単焦点レンズ——被写体をより自然に | RBB TODAY

ニコン初、DXフォーマット専用開発の標準単焦点レンズ——被写体をより自然に

 ニコンは9日、DXフォーマット専用に開発した同社初の標準単焦点レンズとして、「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」を発表。3月6日より販売する。価格は35,070円。

IT・デジタル デジカメ
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
  • AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
 ニコンは9日、DXフォーマット専用に開発した同社初の標準単焦点レンズとして、「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」を発表。3月6日より販売する。価格は35,070円。

 同製品は、DXフォーマットを採用したデジタル一眼レフカメラ「D300」「D90」「D60」などの専用標準単焦点レンズ。DXフォーマット専用に開発した標準単焦点レンズとして同社初となる(撮影画角:35mm判換算52.5mm相当)。

 開放F値1.8の明るさで、光量が少ない室内などでも手持ち撮影が容易。また、美しいボケ味を生かした撮影が可能となっている。焦点距離は35mm(FXフォーマット・35mm判換算で52.5mm相当の撮影画角)で、被写体を自然に捉えるスナップや風景撮影に最適だという。さらに、小型超音波モーター(SWM)を搭載した静粛で高速なAF撮影も行える。

 レンズ構成は6群8枚(非球面レンズ1枚)。絞り羽根枚数は7枚(円形絞り)。最小絞りはF22。最短撮影距離は30cm。本体サイズは最大径70×長さ52.5mm(バヨネットマウント基準面からレンズ先端まで)。重さは200g。付属品は、52mmスプリング式レンズキャップ/裏ぶた/バヨネットフード/ソフトケースなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top