ニコン、実売7.5万円の1,000万画素デジタル一眼レフ「D60」 | RBB TODAY

ニコン、実売7.5万円の1,000万画素デジタル一眼レフ「D60」

IT・デジタル デジカメ

D60
  • D60
 ニコンは29日、有効画素数1,020万画素のデジタル一眼レフカメラ「D60」を発表。2月22日に発売する。価格はオープンで、本体予想実売価格は75,000円、標準ズームキット「18-55mm F3.5-5.6G VR」が90,000円、ダブルズームキット「18-55mm F3.5-5.6G VR」「55-200mm F4-5.6G(IF)」が120,000円前後。

 同製品は、重さ495gの小型軽量で、付着するゴミやほこりの軽減機能を強化したエントリーモデルのデジタル一眼レフカメラ。撮像素子前面のローパスフィルターを振動させてゴミを払い落とす「イメージセンサークリーニングシステム」を搭載、さらに、世界初の「エアフローコントロールシステム」によってゴミ軽減機能を強化している。

 画像編集機能として、RAWデータをJPEGファイルに変換する「RAW現像」、点光源などの明るい部分がクロスした光線として表現される「クロススクリーン」、撮影画像をつなげて動画をつくることができる「ストップモーション作成」などを装備する。

 撮像素子は23.6×15.8 mmサイズCCD、連写は約3コマ/秒。記録メディアはSDメモリーカード。ディスプレイは2.5型液晶。リチウムイオン電池は1回の充電で、最大約1850コマ連続撮影、最大約500コマの1コマ撮影可能。本体サイズは幅126×高さ94×奥行き64 mm。
《羽石竜示》

関連ニュース

特集

page top