ビクター、騒音を約1/8に低減する新開発ノイズキャンセリング機能搭載のカナル型イヤホン | RBB TODAY

ビクター、騒音を約1/8に低減する新開発ノイズキャンセリング機能搭載のカナル型イヤホン

 日本ビクターは28日、周囲の騒音を約1/8に低減するなど新開発「マルチノイズキャンセリングシステム」を搭載したカナル型イヤホン「HP-NCX78」を発表。2月中旬より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は8,000円前後。

IT・デジタル その他
ブラック
  • ブラック
  • ホワイト
 日本ビクターは28日、周囲の騒音を約1/8に低減するなど新開発「マルチノイズキャンセリングシステム」を搭載したカナル型イヤホン「HP-NCX78」を発表。2月中旬より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は8,000円前後。

 同製品は、ノイズキャンセリング機能を装備したカナル型イヤホン。同社新開発のマルチノイズキャンセリングシステムを搭載する。同システムでは、周囲の騒音を約1/8(同社調べ)に低減。ノイズキャンセリング回路から発生するホワイトノイズと呼ばれる高い周波数帯域の雑音も抑えるという。また、薄型ハウジング構造を採用したことで風きりノイズも軽減。ほかにも、中高域ノイズやコードからのタッチノイズを低減する新設計構造を取り入れている。

 同システムは単4形乾電池×1で稼動するが、連続駆動時間は、アルカリ乾電池の場合約50時間、マンガン乾電池では約22時間となる。また、システムの電源をOFFにすれば、通常のカナル型イヤホンとしても使用できる。

 そのほかの機能として、手元のスイッチを切り替えることで、本体を耳に装着したままでも乗り物内のアナウンスなどが聞き取りやすくなる「モニター機能」を搭載。シリコンイヤーピースはS/M/Lの3サイズを各2個用意し、ほかにソフトな弾力感で耳穴にフィットする低反発ウレタンタイプを付属する。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top