レッドハット、企業向けLinux OSの最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.3」提供開始 | RBB TODAY

レッドハット、企業向けLinux OSの最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.3」提供開始

 レッドハットは21日、Linux OSの最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.3」の提供を開始した。仮想化機能のスケーラビリティの大幅な向上、Intel Core i7(Nehalem)プロセッサのサポートに対応した。

エンタープライズ その他
 レッドハットは21日、Linux OSの最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.3」の提供を開始した。仮想化機能のスケーラビリティの大幅な向上、Intel Core i7(Nehalem)プロセッサのサポートに対応した。

 Red Hat Enterprise Linux 5.3では、x86-64アーキテクチャの仮想化機能を、32仮想CPU、最大80GBのメモリーサポートまで向上した。また、物理サーバのスケーラビリティも向上しており、最新のハードウェアにおいて最大126CPU、1TBのメモリをサポートできるようになった。ページテーブルの仮想化によって発生するオーバーヘッドを縮小する「Extended Page Tables」(EPT)やHugepageメモリーなどの新機能により仮想サーバのパフォーマンスを大幅に向上させるという。さらに、従来より多くのI/Oデバイスを仮想サーバに割り当てることができるため、厳しいI/O要求のアプリケーションを仮想化できるようになる。

 またインテルの最新プロセッサ「Intel Core i7(Nehalem)」をサポートし、ハイパースレッディング・テクノロジーや電源管理の機能に対応した。レッドハットの内部テストでは、商用アプリケーションの性能が従来プロセッサ比で170%、演算指向の技術計算の性能が従来プロセッサ比で350%を達成したとのこと。

 またフルオープンソースのJava SE 6環境「OpenJDK」を統合しレッドハットが直接サポートする。OpenJDKは、もっとも利用されているサン・マイクロシステムズのJDKと同じコードベースとしており、Java SE 6 TCKによるテストを通過しているため、Java SE 6および以前のバージョンのJavaで開発されたアプリケーションを実行可能。そのほかカーネルやデバイスドライバ、デスクトップのネットワーク機能やGFS2ファイルシステムなど、同梱のオープンソースソフトウェアへのアップデートを含む150以上の追加・修正が行われているという。

 ライセンスは無償で、テクニカルサポート、製品アップグレード、修正プログラムの提供を含む年額のサブスクリプションとなる。同バージョン内の互換性は維持されており、サブスクリプションを購入済みのユーザは、無償でRed Hat Enterprise Linux 5.3にアップグレード可能となっている。価格はCPUソケット数/仮想化ゲスト無制限の「Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform」が1台あたり204,750円(税込)から、2CPUソケット/4仮想化ゲストまでの「Red Hat Enterprise Linux 5」が1台あたり101,640円(税込)から、2CPUソケットまでの「Red Hat Enterprise Linux 5 Desktop」が25台あたり288,750円(税込)からとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top