HOYA、小さいボディに高性能を詰め込んだコンパクトデジタルカメラなど2機種 | RBB TODAY

HOYA、小さいボディに高性能を詰め込んだコンパクトデジタルカメラなど2機種

 HOYAは15日、「PENTAX」ブランドのコンパクトデジタルカメラの新モデルとして、有効1,200万画素の「PENTAX Optio P70」と有効1,000万画素の「PENTAX Optio E70」を発表した。

IT・デジタル デジカメ
シルバー
  • シルバー
  • ピンク
  • ライトブルー
  • 正面
  • 背面
 HOYAは15日、「PENTAX」ブランドのコンパクトデジタルカメラの新モデルとして、有効1,200万画素の「PENTAX Optio P70」と有効1,000万画素の「PENTAX Optio E70」を発表した。

 PENTAX Optio P70は、最薄部で16.5mmのコンパクトボディに広角27.5mmからの光学4倍ズームや2.7型液晶を搭載するコンパクトデジタルカメラ。デザインは、ボディの両端に流れるような曲面処理を施し、ストラップの取り付け部も一体化したフラットな形状を採用した。

 静止画撮影時の手ぶれを抑える「電子式手ぶれ補正」機能、被写体の明るさに応じて自動的にISO感度を変更する「高感度ぶれ軽減」モード、動画撮影時の手ぶれ補正をする「Movie SR」機能など、撮影状況に応じた3種類の手ぶれ軽減機能を搭載。暗部での撮影もより快適におこなえる。また、縦位置撮影を簡単におこなえる「携帯ショット」モードを搭載。背面のボタンだけで電源ONやズームなどが可能になり、液晶のアイコン表示も縦位置用の配置に変わる。さらに、「風景」「ポートレート」など8種類の撮影モードを自動で選択する「オートピクチャー」機能を搭載する。

 そのほか、人物の顔を検出し、ピント合わせや露出設定を0.03秒で行う「顔認識AF&AE」機能、笑顔を判別する「スマイルキャッチ」機能、撮影時の目つぶりを教える「まばたき検出」機能、2枚の画像をカメラ内で合成し、21mm相当(35mm判換算)の画像が作成できる「デジタルワイド」機能、最高3枚の画像を合成する「パノラマ」モード、好きな画像を縮小・保存しておける「お気に入り」機能、誤って消してしまった画像を復元する「削除画像復活」機能、90種類の中から選択し、フレーム付き画像の作成ができる「フレーム合成」機能などを搭載。

 有効画素数は1,200万画素。撮像素子は1/2.3型CCD。レンズ構成は6群7枚。焦点距離は35mm判フィルム換算で27.5〜110mm。開放F値はF2.6〜F5.8。ズームは光学4倍/デジタル6.3倍/インテリジェント5.2倍(7M時)・25倍(640時)。感度はISO64〜6400。内蔵フラッシュメモリは33.7MB。外部フラッシュメモリはSDメモリーカード/SDHCカード。手ぶれ補正は電子式。バッテリはリチウムイオン充電池。バッテリ寿命は静止画が約200枚/再生時間が約220分。本体サイズは幅97×高さ54×奥行き21.5mm。重さは110g。付属品は、充電式リチウムイオンバッテリ/バッテリ充電器/ACコード/USBケーブル/AVケーブル/ストラップなど。2月下旬発売。カラーはシルバー/ピンク/ライトブルー。価格はオープンで、予想実売価格は30,000円台前半。

 Optio E70は、操作系に大きくて使いやすい「でかボタン」を採用したのが特徴。また、ボタンひとつで露出や感度を最適な設定にしてくれる「グリーン」モードを搭載。焦点距離35〜105mm(35mm判換算)で光学3倍ズームのレンズ、2.4型液晶を採用する。

 そのほか、Optio P70同様の機能として、3種類の手ぶれ軽減、「オートピクチャー」機能、「顔認識AF&AE」機能、「お気に入り」機能、「削除画像復活」機能、「パノラマ」モードなどを搭載。

 有効画素数は1,000万画素。撮像素子は1/2.33型CCD。レンズ構成は5群6枚。焦点距離は35mm判フィルム換算で35〜105mm。開放F値はF3.1〜F5.9。ズームは光学3倍/デジタル5.7倍/インテリジェント3.5倍(7M時)・17.1倍(640時)。感度はISO64〜6400。内蔵フラッシュメモリは34.8MB。外部フラッシュメモリはSDメモリーカード/SDHCカード。手ぶれ補正は電子式。バッテリは単3形乾電池。バッテリ寿命は静止画が約210枚/再生時間が約480分。本体サイズは幅97.5×高さ60×奥行き23.5mm。重さは110g。付属品は、AVケーブル/USBケーブル/AVケーブル/ストラップなど。2月6日発売。カラーはシャンパンゴールド。価格はオープンで、予想実売価格は20,000円前後。

※初出時において、本文中と一部スペックに誤りがありました。読者の皆さまおよび関係者の皆さまにお詫びを申し上げるとともに、ここに訂正させていただきます。
《満井》

関連ニュース

特集

page top