東芝、仮想化エンジンによりサーバ不要のセキュリティシステム「PC運用上手-SS」を発売 | RBB TODAY

東芝、仮想化エンジンによりサーバ不要のセキュリティシステム「PC運用上手-SS」を発売

 東芝は14日、中小規模企業向けのPC統合セキュリティシステム「PC運用上手」シリーズの新製品「PC運用上手-SS」を発表した。2月上旬よりの発売となる。

エンタープライズ その他
vRASにより専用のサーバ機器を導入することなくセキュリティシステムの運用管理が可能
  • vRASにより専用のサーバ機器を導入することなくセキュリティシステムの運用管理が可能
 東芝は14日、中小規模企業向けのPC統合セキュリティシステム「PC運用上手」シリーズの新製品「PC運用上手-SS」を発表した。2月上旬よりの発売となる。

 「PC運用上手-SS」は、サーバソフトウェア、クライアントソフトウェア、サーバライセンス、クライアントライセンスから構成されており、企業の情報漏えい対策に有効な3つの機能「操作監視」「操作制御」「検疫ネットワーク」を搭載しており、小規模オフィスにおけるセキュリティ対策に適した製品。インテル「vProテクノロジー」を利用した東芝独自のPC仮想化エンジン「vRAS」による仮想サーバ機能により、専用のサーバ機器を導入することなくセキュリティシステムの運用管理が可能となっている。

 「PC運用上手-SS」は東芝の企業向けPCの一部機種にプレインストールして販売される。また、クライアントライセンスは5ライセンスから用意されており、中小規模の企業に適した統合セキュリティシステムを実現できる。管理対象PCのOSがWindows Vista/XP/2000R。管理対象台数は最大50クライアントで標準価格は税込354,900円〜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top