パナソニック、世界で初めて録画番組をSDメモリーカードで持ち出せるHDD搭載Blu-ray Discレコーダー | RBB TODAY

パナソニック、世界で初めて録画番組をSDメモリーカードで持ち出せるHDD搭載Blu-ray Discレコーダー

 パナソニックは6日、フルHD映像の5.5倍長時間録画対応の「アドバンスドAVCエンコーダー」を備えたHDD搭載Blu-ray Discレコーダー「DIGA」の新モデルとして4製品を発表。2月1日に発売する。

IT・デジタル レコーダー
左上がDMR-BW950、右上がDMR-BW850、左下がDMR-BW750、右下がDMR-BR550
  • 左上がDMR-BW950、右上がDMR-BW850、左下がDMR-BW750、右下がDMR-BR550
 パナソニックは6日、フルHD映像の5.5倍長時間録画対応の「アドバンスドAVCエンコーダー」を備えたHDD搭載Blu-ray Discレコーダー「DIGA」の新モデルとして、HDD容量1TBモデル「DMR-BW950」、500GBモデル「DMR-BW850」、320GBモデル「DMR-BW750」、250GBモデル「DMR-BW550」の4製品を発表。2月1日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はDMR-BW950が250,000円前後、DMR-BW850が170,000円前後、DMR-BW750が140,000円前後、DMR-BR550が100,000円前後。

 4製品は、奥行きが世界最短をうたう239mmのコンパクトなHDD搭載Blu-ray Discレコーダー。新世代システムLSI「UniPhier(ユニフィエ)」を採用し、第2世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載。50GBのBlu-ray Discに約24時間、4.7GBのDVDに約2時間10分のフルHD映像を録画できる。HDDへのフルHD映像5.5倍長時間録画にも対応。また、トランスコード記録に対応し放送時のAAC音声をそのまま記録できるので、5.1chサラウンド音声などを音声劣化の無い高音質なサラウンド音声で楽しめる。さらに、HDDにDRモードで録画した番組を、あとからMPEG-4 AVC/H.264での記録モードなどに変換可能。ハイビジョンムービーで撮影した映像を、フルHDのままBlu-ray DiscやDVDに記録することもできる。

 世界初の機能として、録画した番組をSDメモリーカードに書き出し、ワンセグテレビやワンセグ対応携帯電話で視聴できる「ワンセグ持ち出し」に対応。1時間の録画番組を、SDメモリーカードに最速約40秒で高速データ転送できる。また、ビデオ・オン・デマンド(VOD)の映像配信サービス「アクトビラ ビデオ」に対応。本体にブロードバンド回線を接続しリモコンの“アクトビラボタン”を押すだけで利用できる。「アクトビラ ビデオ・ダウンロードサービス」にも対応するので、映画などをHDDにダウンロードしてBlu-ray Discにダビングすることも可能だ。

 液晶テレビ「VIERA」とHDMIケーブルで接続することにより、VIERAのリモコンひとつで録画や再生操作が行える「VIERA Link(ビエラリンク)」に対応。また、外出先から携帯電話やPCを使って録画予約できる「携帯&パソコン録画」や、1.3倍速の早送りで番組を視聴できる「1.3倍早見再生」などの機能を備える。

 環境に配慮した省電力設計を採用。電源効率の向上などの省電力回路技術により、2008年9月発売の従来モデル「DMR-BW930」と比べて待機時消費電力を最大約7割削減し、待機時電力量0.1Wを実現したという。有害6物質(鉛/カドミウム/水銀/六価クロム/ポリ臭化ビフェニル/ポリ臭化ジフェニルエテール)の使用を禁止したRoHS指令に対応。再生紙を使用し、発泡スチロールの使用量を21%削減、印刷面積を49%削減したエコパッケージを使用する。

 そのほか、DMR-BW950/850/750の3製品はダブルチューナーを搭載し、2番組同時録画が可能。動画共有サイト「YouTube」の視聴、CDからHDDに音楽を保存し再生できる「音楽保存・再生」、対応ドアホンと接続して留守中の来客を動画で録画できる「ドアホン録画」、ネットワーク接続したDLNA対応のテレビやPCで同製品のHDDに記録した番組をハイビジョン画質で楽しめる「DLNA」などに対応する。また、i.LINK端子を搭載するので、CATVチューナーと接続して直接予約録画をしたり、HDD搭載CATVチューナーの映像をハイビジョン画質のまま同製品に移動することができる。

 フルHDでのHDD最長録画時間はDMR-BW950が約508時間、DMR-BW850が約252時間、DMR-BW750が約160時間、DMR-BR550が約126時間。インターフェースはHDMI/D4/S映像/光デジタル音声/SDメモリーカードスロットなどで、DMR-BW950/850/750はi.LINK/USBも装備。本体サイズは幅430×高さ68×奥行き239mm。重さはDMR-BW950が4kg、DMR-BW850が3.4kg、DMR-BW750が3.2kg、DMR-BR550が2.9kg。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top