NEC、オールインワン型デジタルサイネージボード「eye flavor」発売〜「グランデュオ立川」で実験 | RBB TODAY

NEC、オールインワン型デジタルサイネージボード「eye flavor」発売〜「グランデュオ立川」で実験

エンタープライズ モバイルBIZ

「eye flavor」
  • 「eye flavor」
  • 「eye flavor」グランデュオ立川における実証イメージ
  • デジタルサイネージソリューションのイメージ
 NECは、広告配信から効果分析までを1台で実現するオールインワン型デジタルサイネージボード「eye flavor」の販売を開始した。

 「eye flavor」は、顔認識技術を用いて顧客属性(性別・年齢層)に合わせた広告コンテンツを電子ディスプレイに配信し、広告効果測定まで行うことが可能となっている製品。大型液晶パネル・カメラ・広告コンテンツ配信制御コントローラー・効果分析ソフトウェア・サーバ機能など必要なものすべてが搭載されている。独立した可搬式であるため、設置や撤去も容易となっている。

 「eye flavor」は開発段階で、商業施設「グランデュオ立川」の1階正面入り口に21日間設置され、時間帯別・性別・年代別の広告コンテンツ視認者数や視認(滞留)時間、ディスプレイと視認者の距離などを元に広告効果を測定したという。この結果、従来は主にアンケート調査などで把握していた屋外広告の効果を、タイムリーかつ定量的・詳細に把握することが可能となったとのこと。「eye flavor」の価格は200万円(税別)〜。NECは今後3年間で500台の販売を見込んでいる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top