【iEXPO2008 Vol.5】ログを一括管理し内部統制に役立てる「WebSAM LogCollector」 | RBB TODAY

【iEXPO2008 Vol.5】ログを一括管理し内部統制に役立てる「WebSAM LogCollector」

エンタープライズ その他

「WebSAM LogCollector」の概要。生産管理システム、財務会計システム、受発注システム、ミドルウェア製品、OSなどのログを一括で管理できる
  • 「WebSAM LogCollector」の概要。生産管理システム、財務会計システム、受発注システム、ミドルウェア製品、OSなどのログを一括で管理できる
  • WebSAM LogCollectorで収集したLinuxとHP-UXのログ。時系列でソートできる
  • ログ解析ビューア。サーバや日付ごとにツリー状に分けておりログが参照できる
 NECのプライベートイベント「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2008」では、ネットワーク上のサーバや機器などのログを一括して収集するシステム「WebSAM LogCollector」を展示している。

 WebSAM LogCollectorは、FTPやsyslogなどのプロトコルに対応しているため、ログを送信する機器やサーバには特別なエージェントは必要ない。そのため、さまざまなOSや機器からログが収集できるという特徴がある。このように一括で管理することで、ログの収集漏れの防止や集計工数の削減、問題発生時の迅速な対応が可能となる。さらに収集したログは、CSVファイルや各種データベースに出力し柔軟な検索や集計が可能だ。

 WebSAM LogCollectorでアピールしているのは、内部統制での利用だ。情報の不正持ち出しなど不正行為が発覚した場合に迅速に確認ができるほか、アクセス情報を記録していることを周知することで不正行為の抑制が期待できるとしている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top