米マイクロソフト、WinHEC 2008でWindows 7の新機能をお披露目 | RBB TODAY

米マイクロソフト、WinHEC 2008でWindows 7の新機能をお披露目

ブロードバンド その他

 米マイクロソフト(Microsoft)は5日(現地時間)、米国ロサンゼルスで開催中のWindowsハードウェア開発者会議「WinHEC 2008」にて、Windows 7のプレビューを行い、ハードウェアメーカー各社に現行製品のテストとAPIの開発を促した。また、同時にWindows Server 2008 R2プレベータ版の配布も行われた。

 Windows 7の新機能デモでは、Windows 7 PCに接続されたデバイスを一括管理できる「Devices and Printers」や、携帯電話・プリンター複合機・デジタルカメラ・携帯音楽プレイヤーといったデバイスのステータスや情報をひとつのウィンドウ内にまとめて表示できる「Device Stage」、モバイルブロードバンド接続機能「View Available Networks」、そしてWindows 7最大の新機能とも言えるタッチスクリーンによる操作機能「Windows Touch」などが紹介された。

 Device Stageへの対応を表明したメーカーも併せて発表され、ブラザー、エプソン、米Hewlett-Packard、米Motorola、ニコン、Sansa、キヤノン、ソニーの名前が挙げられた。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top