日本IBM、10万円を切るブレードサーバーのエントリーモデル | RBB TODAY

日本IBM、10万円を切るブレードサーバーのエントリーモデル

エンタープライズ その他
 日本IBMは8日、中小規模システム向けにブレードサーバーのエントリーモデル「IBM BladeCenter HS12」と「IBM BladeCenter JS12」の2機種を発表した。

 「IBM BladeCenter HS12」は、10万円を切る低価格のエントリーモデルながら、電源やハードディスクドライブはすべて二重化。サーバーの電源を入れたまま内蔵ハードディスクを交換できるホットスワップ機能も備える。一方の「IBM BladeCenter JS12」は、Powerアーキテクチャー・ブレードサーバーのエントリーモデル。3.8GHzのPOWER6プロセッサーを搭載。仮想化機能を提供する「PowerVM Edition」をあわせて活用することにより、1ブレードあたり最大20個のLPAR(仮想区画)を設定でき、システムを再起動せずに2つの筺体間でLPARを移動できる仮想化機能「ライブ・パーティション・モビリティ(Live Partition Mobility)」などを利用可能。概要は以下の通り。


「IBM BladeCenter HS12」

x86アーキテクチャー採用のエントリーモデル
1-4コア Intel® Celeron® 1.86GHzまたはCore 2 Duo 1.83-2.13GHzまたはXeon® 2.5-2.83GHz×1
メモリー:最大24GB、HDD:最大293.6GB
2.5型ホットスワップHDD対応(8028モデルのみ)
対応シャーシ:IBM BladeCenter S/E/H
保証期間:1年−翌日以降オンサイト修理および交換部品送付サービス(8014モデル)または3年−当日以降オンサイト修理および交換部品送付サービス(8028モデル)
IBMダイレクト価格:99,750円(税込、最小構成価格)より
出荷開始日:2008年5月12日

「IBM BladeCenter JS12」

POWER6プロセッサー搭載のエントリーモデル
3.8GHz デュアルコアPOWER6プロセッサー×1
メモリー:最大64GB 、HDD:最大292GB
対応OS:AIX V6.1 6100-00 SP5 以降、AIX V5.3 5300-06 SP7 以降、i5/OS V6R1以降、SUSE Linux Enterprise Server 10 for POWER SP2 Update 1 以降、Red Hat Enterprise Linux for POWER V4.6およびV5.1 以降
PowerVM Standard EditionまたはEnterprise Editionに対応(オプション)
対応シャーシ:BladeCenter H/T/E/HT/S *2
保証期間:3年、翌日以降オンサイト修理および交換部品送付サービス
IBMダイレクト価格:631,575円(税込、最小構成価格)
出荷開始日:2008年5月30日
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top