シャープ、葛城工場に1,000mm×1,400mmガラス基板を採用した薄膜太陽電池の生産ラインを新設 | RBB TODAY

シャープ、葛城工場に1,000mm×1,400mmガラス基板を採用した薄膜太陽電池の生産ラインを新設

ブロードバンド その他

第2世代薄膜太陽電池とその生産工程
  • 第2世代薄膜太陽電池とその生産工程
シャープは、奈良県葛城市に位置する同社葛城工場に従来の2.7倍の面積に相当する1,000mm×1,400mmの大型ガラス基板を採用した第2世代の薄膜太陽電池のラインを約220億円を投じて新設し、10月より量産を開始する。

 これにより、葛城工場の薄膜太陽電池の年間生産能力は160MWとなった。」

 今回発表された新ラインでは、モジュール変換効率9%と高出力128Wの第2世代薄膜太陽電池を生産し、需要が急拡大している欧州の大規模発電プラント向けに出荷する。また、基板の大型化と高出力化の実現で従来よりも設置枚数を減らすことで設置コストの低減が可能で、発電時のコストダウンが期待できるとしている。

 同社では、この生産ラインをベースに生産技術とノウハウの蓄積を図り、新工場におけるモジュール変換効率10%を実現する薄膜太陽電池の量産体制の早期確立を実現したいとしている。なお、新工場では、第一次展開として約720億円を投じて年間生産能力480MWの生産体制を確立する予定だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top