【フォトレポート】au携帯電話の機能がPCなしでフルに使える「au BOX」 | RBB TODAY

【フォトレポート】au携帯電話の機能がPCなしでフルに使える「au BOX」

ブロードバンド その他

 KDDIのSTB「au BOX」は、CDからの音楽取り込み、音楽配信サービス「mora fo LISMO」、ビデオオンデマンドサービス「LISMO Vide Store」の対応など多くの機能を搭載している。しかし、インターフェイスは、携帯電話を意識したもので非常に使いやすい。
  •  KDDIのSTB「au BOX」は、CDからの音楽取り込み、音楽配信サービス「mora fo LISMO」、ビデオオンデマンドサービス「LISMO Vide Store」の対応など多くの機能を搭載している。しかし、インターフェイスは、携帯電話を意識したもので非常に使いやすい。
  •  KDDIのSTB「au BOX」は、CDからの音楽取り込み、音楽配信サービス「mora fo LISMO」、ビデオオンデマンドサービス「LISMO Vide Store」の対応など多くの機能を搭載している。しかし、インターフェイスは、携帯電話を意識したもので非常に使いやすい。
  •  KDDIのSTB「au BOX」は、CDからの音楽取り込み、音楽配信サービス「mora fo LISMO」、ビデオオンデマンドサービス「LISMO Vide Store」の対応など多くの機能を搭載している。しかし、インターフェイスは、携帯電話を意識したもので非常に使いやすい。
  •  KDDIのSTB「au BOX」は、CDからの音楽取り込み、音楽配信サービス「mora fo LISMO」、ビデオオンデマンドサービス「LISMO Vide Store」の対応など多くの機能を搭載している。しかし、インターフェイスは、携帯電話を意識したもので非常に使いやすい。
  •  KDDIのSTB「au BOX」は、CDからの音楽取り込み、音楽配信サービス「mora fo LISMO」、ビデオオンデマンドサービス「LISMO Vide Store」の対応など多くの機能を搭載している。しかし、インターフェイスは、携帯電話を意識したもので非常に使いやすい。
 音楽と映像がテレビでも携帯電話でも楽しめるKDDIのSTB「au BOX」。CDからの音楽取り込み、音楽配信サービス「mora fo LISMO」、ビデオオンデマンドサービス「LISMO Vide Store」の対応など多くの機能を搭載している。しかし、インターフェイスは、携帯電話を意識したもので非常に使いやすい。

 サイズは約266mm×80mm×221mm、重さは約1.6Kg。入出力端子は、LANポート、USBポート×2、AV端子は入出力が1組みずつと、携帯電話からの音声入力だ。自分の部屋の小さいテレビで利用することを想定しているため、映像の出力はS端子とコンポジットのみ。D端子やHDMIによるハイビジョン出力はない。映像の入力端子は、動画のキャプチャーで使う。ビデオカメラなどを入力端子に接続すると、au BOXに映像が取り込め携帯電話に転送できる。

 au BOXから携帯電話への映像や音楽の転送は、USBケーブルで行う。ほかにも、携帯電話のイヤホン端子と、au BOXの携帯電話入力端子を接続することで、携帯電話で再生した音楽がau BOXのスピーカーで聞ける。

 内蔵メモリは1Gバイト。ATRAC3plusを64kbpsでエンコードした場合、約110曲が保存できるとしている。1Gバイトと聞くと心細いが、au BOXに保存したコンテンツは携帯電話に転送するのが前提で、あくまでも一時的な保存場所だ。


 au BOXを起動すると出てくるメニュー。ミュージック、ビデオ、ひかりone TVサービス、au oneへリンク、CD/DVD再生&CD取り込み、auケータイムービー、設定の7つがある。

 トップメニューの「au oneへのリンク」を選択するとWebブラウザが起動する。Webブラウザのトップページはau oneのポータルサイトだ。ニュースや天気などのメニューがあり、それぞれPC向けのau oneのWebサイトにリンクしている。Webの検索もできる。文字の入力方法は、携帯電話と全く同じだ。予測変換機能もあり、Webの検索で文字を入力する程度なら苦にならない。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top